お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

キャンプに行こう③

皆さんこんにちは!
バンクーバーよりAkaneです。
前回少しシリーズで紹介した、
キャンプに行こう①
キャンプに行こう②

ですが、結局キャンプ場所と取得してからどうなったか、
そしてBirkenhead Lake Parkがどのような場所か、という報告をまだしていませんでしたので今回はその様子をご紹介したいと思います!
Birkenhead Lakeがどこにあるか、そしてキャンプスポットをどのように取得するかは上記の過去のブログをご参照くださいね♪

キャンプ場入口ゲートのところにはこのようなサインが
キャンプ場での簡単なルールや警告が書いてあります。
こんな感じでジクザクになってキャンプスポットがあって、全部で100スポット以上あります。

各キャンプスポットの設備としては、
備え付けでファイヤーピットとピクニックテーブルがあります。
(キャンプファイヤー用の薪は自分で事前に用意、またはキャンプ場で購入可能)

広さは車二台が余裕で止められ、テントも2つ立ててもまだ余裕があり、
子ども達や犬が走り回ったりもできるくらい広く良かったですよ~
各スポットが林(木々)に囲まれていて、
隣人との間も距離があってプライベートも保てる感じです。

キャンプ場内の施設としては湖、ビーチ、ドックビーチ、ハイキングトレイルや川があります!ですので、お子さんや愛犬を連れてきても十分楽しめる場所でしたね!

実際私も友人家族と一緒に今回はキャンプにいきました。

公園内にあるドックビーチ
こんなに大きなスティックも沢山あり、何度も何度もレイクに向かって投げさせられる私。。。苦笑

ハイキングトレイルに関しては、Goat Look Out Trailというコースが公園内にあり、初心者でも行ける感じで、
片道40分ほどで綺麗な湖の景色の見えるVeiw Pointに行くことができますよ!

頂上からの景色
よく私のハイキングレポートに登場するワンコ。。今回もレンタルバディーとなりました。笑

その他、飲むことのできる水が出る水道がキャンプ場内に何か所かあるのと、
トイレ(水洗ではありません)があります。
なのでキャンプ初心者の人にもおすすめな感じでした!!
お子さん連れでもアクティビティーが多いのでいいですね。
静かな場所でのキャンプを好む人も、少し前に記載したとおり、となりのキャンプスポットと十分な距離があるので楽しめると思いますよ!

キャンプ中はアウトドアで料理を作るもの食べるのも楽しみの一つですよね!

夜はキャンプファイヤーを眺めて空一杯の星をみるのもまた都会ではできない楽しみの一つですよね~!

どうでしたか?
今年はちょっとキャンプの予約は難しいかもしれませんがもし機会があれば皆さんもぜひ大自然の広がるBC州でキャンプしてみてくださいね~

こちらの記事もオススメです!

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP