お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

ワーホリカナダ英文レジュメの作成方法

皆さんこんにちは。トロントオフィスです!
カナダのワーキングホリデー2022年度の募集が始まって
1か月近く経過しましたが、現在の状況を見る限りですと、
昨年に比べたらタイミング的にもかなりスムーズに招待が届いて
就労ビザの申請も進めることができる傾向にあるように思います。

昨年末にPoolに登録したまま募集締め切りになってしまった方は
今年はそのまま自動的にPoolに入った状態でスタートできたこともあり、
特にスムーズに招待が来ている印象ですね。そして就労ビザの申請完了後も
比較的早いタイミングでビザが下りていると思います。

ワーキングホリデービザの申請工程自体は、
その内容に特に複雑な内容はないので比較的簡単に作業を
進めていただけると思いますが、唯一少しだけ手間がかかる工程と
しては英文のレジュメを作成して提出(アップロード)しなくては
ならないところかと思います。

英文でレジュメを作成する場合、日本の履歴書とは全く異なる
作成方法といえますので日本人にとってはなかなか慣れないもの
だったりすると思います。
弊社でも過去に何度も英文レジュメの作成方法を
テーマにしたブログを複数アップしていますので、
ぜひ皆さんにもまたご参考にしていただければと思います。

↑これらのようなブログで解説させていただいたのは
現地で本気で仕事探しをする際に武器として使えるレジュメの
作り方についてです。ワーホリで現地に来てから理想の仕事を見つけるべく
良いレジュメを作成したい方はぜひご参考にしてみてください。

【ワーホリビザ申請時のレジュメは簡易型でOK?】

ただ上記のような本気のレジュメを作成するには、
時間もかかるし、英語をこれから現地で学びたいワーホリ希望者には
レベルが高すぎて気が遠くなってしまうかもしれませんよね…。

実はワーホリビザの申請の段階で提出が必要になるレジュメについては、
上記のような本格的なレジュメを作成するまでに至らなくても、
一通り職歴や学歴、
活動の履歴がわかる比較的簡易なものを作成すれば
ひとまず十分だったりするので、
今回はちょっとだけ簡易型のレジュメのサンプルを
ご紹介させていただこうと思います。

そのサンプル(弊社オリジナル)はこちらからご参照いただけます↓
https://www.eastwestcanada.jp/flow/apply-work

ワーホリビザの申請で提出するレジュメは、
職歴、学歴、キャリアなどのアピールして求職する用と
いうよりは、これまでの履歴や活動歴を確認して
過去10年くらいの間に何をしていたのか、
どこか他国に滞在歴があるかなどの内容を確認するのが主な目的と
なっているように思いますので、できるだけ履歴上に期間の間(空白の時間)が
ないように書くことがメインだと思われます。

このため、もしも無職の期間などがあった場合にも、
その期間は「Unemployed」と表記して、仕事の代わりに
何か行っていた活動などを履歴として書いておくとわかりやすいと
思います。

よろしければご参考にされてみてくださいね!

もちろん、ワーホリビザを無事に取得してから
現地で本格的な求職活動をする際には、
上記に挙げた過去のブログのように、キャリアやスキルを
アピールできる本格的なレジュメを作成して
勝負していきましょう!
英文レジュメ作成をよりやりやすくするためにも、まずは語学学校で
英語力アップも忘れずに頑張りましょう。

勝負用の英文レジュメの書き方のアドバイスは、
弊社現地オフィスでも皆さんに提供させていただき
私ヒロコががっつり添削もさせていただきますので
お気軽にご相談ください。

2022年こそは、ワーホリを是非とも成功させましょう~!!
ワーホリと語学学校のご相談は
East-Westカナダ留学センターへ。

こちらの記事もオススメです!

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP