お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

意外と不必要な日本からの持ち物

皆さんこんにちは!
バンクーバーオフィスよりAkaneです

今日は留学生の多くが日本から事前に買いそろえて持ってきてしまうもの、
でも実は現地では不必要なものに変わるものを紹介したいと思います。
(こちらは私の独断と偏見な意見なので参考程度としてください!笑)

まず、これは要らない!(言い切ってしまった…笑)というものは…
日本のルーズリーフとファイル(バインダー)
17500417_10154918633825781_1100589836_o
17475252_10154918646535781_1068590888_o

日本のA4サイズだと26穴~30穴ぐらいが基本ですかね。
ですが、カナダの場合3穴(少なっ)が基本です。
17475066_10154918646385781_1053858816_o
学校で配られるプリントも3穴のもので配られますし、
穴あけパンチも3穴用で販売。

日本から持ってきたものは規格があいません…泣
なので、スペースを取りますし、
規格も違うので、ルーズリーフとバインダーは日本に置いてきて、
こちらの文房具屋さんで買いましょう。
(実は日本のA4とカナダのA4サイズも異なります。日本の方がカナダのものより少し縦長です…なので日本サイズで書類を作るときは気を付けましょう。また逆に、
カナダで購入したクリアケースバインダーを日本で使おうとすると、
日本の紙が上からはみ出ます(1センチほど…笑))
もちろん自分のノートとして使うんだ!という方は、
持ってきてもいいと思います。ただし、使用に必要なルーズリーフは日本から持ってきた方がいいでしょう。

次は…ノートに引き続き、
シャーペン

17475044_10154918633785781_1312167034_o

これは不必要、というわけではないのですが、
こちらではシャーペンを使う文化があまりないように感じます。
私もカナダにきて、ずっとボールペン。
修正は上から斜線か修正テープで。
周りを見ててもシャーペンで書いてそれを消しゴムで消している、という風景もほとんど見ません。
どうりでこちらで販売している消しゴムは全然消えないわけだ。(笑)
もちろん学校で授業を受けていての教材に回答を書いて、
誤りがあった際に修正したい、というのがあると思います。
そんな時はシャーペンがあった方がいいかもですね。
ただ、カナダには日本で流行っている「書きやすいシャーペン、芯が細いシャーペン、太いシャーペン」はこちらにはありませんので、
やはり書いたり消したりできるシャーペン‼というのならば、
予め芯もセットで購入してもってくるのがいいと思います!
私のお勧めは(持ってくるとしたら)消えるボールペンですかね~。
消しゴムを別途持ってこなくてもいいですし、
消す部分を使い切っちゃうというのはないので、
コンパクトですし。。。

3つ目は
ホッカイロ

カナダの他の州は不明ですが、
バンクーバーで言えば、
冬は電車・バス、建物の中において暖房が効いてて本当に温かいです!
日本の札幌と同じで、
あまり直に外に出ずに移動できるので(バスや電車を待っている時以外)、
ホッカイロの必要性は感じません。
「カナダは寒いんでしょ?ホッカイロをー!」と荷物に入れて持ってくる方は多いと思いますけど、
帰国時に
「Akaneさん、これ使わなかったんで次に来る人にあげてください~」
とおいてく方が一番多いのがホッカイロです
オフィスにもどんどんホッカイロが溜まっております。
17453360_10154918641415781_1572502379_o
これら、未使用でまとまった袋に入ったままのカイロ達…そろそろ処分ですかね

その他に学生さんが持ってきたけど不要なもの…
もし何かあれば追加であればまた皆さんにお知らせしますね

ではでは!

こちらの記事もオススメです!

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP