お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

Let’s (Not) Go To Toronto Public Library! オンラインサービスについて

ハロー、ちょっとご無沙汰してます、トロントオフィス ユウタです。今日はトロントの図書館、Toronto Public Libraryの超使えるオンラインサービスについての耳寄り情報をシェアしますね☆

先日、うちのおじいちゃん(大家さん77歳)の元彼(Web Developer・32歳?!!既婚)がうちに泊まりに来た(何しに??!!! いろいろ complicated だけどこれがトロントです笑)のね。で、「ユウタ今 Web の仕事全然してないけど、ちゃんとスキルアップデートしてるか?」と。「いんや Full Time Job が忙しくてね~デザイン仕事はたまにやってるけど、もともとバックエンド苦手だからな~」「だめだよ、俺だっていざってときはお前にヘルプしてもらいたいし、せっかくカレッジで勉強したこと忘れちゃもったいないよ(←年下から説教、しっかりした子です笑)。図書館の無料サービス知ってる?」「あぁContinuing education coursesみたいなやつ?あれ大体初心者向けだし、曜日時間決まってるから参加しにくいよ~」「違う違う、Lynda.com って知ってるでしょ、オンラインコースのやつ?あれToronto Public Libraryで図書カードつくればタダでストリームできるんだよ」「Wha——ttttt?!!

Lynda.comってのはですね、カレッジの講師にして「このe-learningコース受けたらきみたち俺たちの授業受けなくともいいかもねハッハー」と言わしめる、ビギナーからプロまでプログラミングやデザイン、ビジネスのチュートリアルコンテンツを網羅した、恐ろしいオンラインサービスなのですよ…私もカレッジ時代は相当お世話になりました。でもBasic Membership is $25 per monthなのよ…それが無料で?ちょっとトロント、太っ腹すぎない?!!

ってことで早速調べてみました。Toronto Public Libraryのe-learningというページを調べたら…
え、ちょっと待って??Lynda.comだけじゃないじゃん!他にも5つのチュートリアル系サイトがあるし、英語学習のサイトも、IELTSなど4つ使える!なにこれまじかよ?!!
でね、実際にLynda.comに行ってみましょうか。LIBRARY用の入力画面に飛びますので、ここからカード番号とパスワードを入れると…

ふむふむ、自分のアカウント作成のために名前とメールを登録して…

え、もう普通にこれで使えちゃうの?!!使い放題?!!噂は本当でした…。

興奮ついでにIELTSのテスト対策コースにもさくっとログインしてみました。うゎあ~テスト勉強のコンテンツを載せてるだけでなくて、テスト結果のトラッキングも、勉強の進捗も記録できるようになってる~。なんで今までしらなかったんだろあたし…。

 

そういや、e-bookも確か無料で閲覧できたっていってたな??カレッジ時代も使ったけど、どうせ学術文献がe-bookとしてPDF化されてるとかくらいっしょきっと…。

違った~!!!!!

普通に本屋で売ってる雑誌も、最新刊からバックナンバーまでちゃんと閲覧できる~!!!

しかもアプリもある!!!

 

何映画も観れるの??kanopy??自分のアカウント作ったら(Facebookで簡単サインアップ)、

図書カードの番号を求められ…

ふむふむ、一ヶ月8本まで無料とな、OK了解。

うぉ~、これ、Netflixみたいに最新作はないけど、いわゆる名作が体系的に揃ってますね?!!

他にもaudiobookも扱っているよう。

 

これ、こんだけ優良なコンテンツを無料で利用できて、なんで今まで他から情報入ってこなかったんだろう…おじいちゃんも使ったことないって言ってるし、まわりの現地人も図書館のサービス、ほとんど知らない。。。恐らくデメリットとして、「Toronto Public Library自体が全てのコンテンツを扱っているわけではなく、図書館のアカウントを使えばこうしたコンテンツにアクセスできますよ」という契約になっているところでしょうね。

今回私もいろいろ調べましたが、e-book閲覧だけでも8つのサイトへのアクセスのセレクションがあり、それぞれアカウントを作ったうえで図書カード番号を登録して初めて利用できるといった感じなので、面倒くさいといえば面倒くさいんですよね。

それから、もともとのToronto Public Libraryの特徴として「本の返却とか忘れるとペナルティとしてお金がかかる」ってのも一般利用者にとっては嫌煙されることになるマイナスイメージでしょうね(私もそうでした、大した金額ではないのですが…)。

とはいえね、宝の持ち腐れはもったいない!トロント在住のみなさまにおかれましては、ひとまず図書カードを作りましょう。そして、自分の興味のある無料サービスから使ってみることをお勧めいたしますね。

図書カードの作成は簡単。オンタリオ発行のIDを持っていれば(Photo ID CardもしくはDriver’s License)窓口でその場で作ってもらえます。もし持っていない場合は、図書館窓口で「住所付きのID持ってないの~」って泣きつけば、窓口の人が現住所あてに住所確認用のはがきを送ってくれますので、それが届いたらそのはがき(つまりCanada Postの印がつくことで、「確かにあなたはこの住所に住んでいますね」という証明になるわけです)とパスポート(名前を証明できるもの)を持っても一度窓口へ行きましょう。

情報格差が叫ばれる昨今。無料で使えるサービス、賢く使ってトロント生活楽しみましょう!!!

こちらの記事もオススメです!

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP