お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

ハイキング×キャンピングレポート Tin Hat Mountain in Sunshine Coast①

皆さんこんにちは!East-WestのHikingレポーターのAkaneです。
こちらのシリーズは私の気まぐれでしかブログにアップされていませんが(苦笑)、ハイキング自体は毎年沢山行っています。
私の完全の趣味と娯楽の範囲なのでどれくらいの皆さんが私のハイキングレポートを楽しんでくれているかわかりませんが同じように自然が好き!アウトドアアクティビティーが好き!という方のために今回もレポートをシェアしたいと思います♪

さて、今回私が向かったのは、
Sunshine CoastにあるPowell Riverという地域の近くのハイキングスポット
Sunshine Coastは最終目的地がどこかにもよりますが、
Powell RiverであればフェリーでHorshoes BayからGibsonへ約1時間半、そしてそこから 1時間半ほど次のフェリーターミナル Saltery Bay  (Earls Cove )まで車で移動したあとにさらに1時半ほど次のフェリーに揺られて。。。
といったようにバンクーバーからだと4時間半ほどかかる場所にあります。

フェリーの待合室は動物は許されていないのでごはんはお外で待機

向かうは「Tin Hat Mountain」というトレイルで、
Powell Riverへ続くハイウェイを少し手前で右折して伐木エリア内のシェア道路からスタートするハイキングコース。

私が最近使っているハイキングトレイルアップ(AllTrail)によると、
こちらのトレイルは

長さ18.3Km

*実際私が計ったところ、駐車場の止める場所によって20Km超えてました

高さ949m(登る総合高さ)

ループトレイル(頂上を挟んでトレイルがぐるりと一周している=行きと帰りの通り道が異なる)

*ループという意味は↑のトレイルマップを見ると意味が分かると思います。

平均で全てのトレイル(登って下りる)を完結するのに6.5時間

色々レビューを見るところ、中級レベルぐらいのハイクだとのこと。
距離的には少し長めですが、頂上で一泊キャンプをするし、
一日の距離にしたら10Km前後なので挑戦することにしました。

実は今回のキャンプ、うちのオーストラリアンラブラドゥ―ドルの「ごはん」君の初ハイク×キャンプです♪
まだ一歳半のごはん、ハイキングは小さい時から良く一緒に連れて行っていますが、バックパッキングは初★☆
ちゃんとワンコ用のバックパックも用意し、自分の荷物(ごはんのごはん(笑)、水、おやつ、ロングリーシュなど)は私達と同様、自分で背負って行ってもらいます!

*ワンコの体重や大きさによってバックパックの重さに気を付けないといけません。あくまでも負担にならない程度

それぞれ自分の荷物を持ったらいよいよ出発です

準備万端、いざ出発!

こちらのトレイルはループトレイルということだけあって、
どこからスタートするかによって車の止める場所も異なります。
レビューには時計回り反時計回りをするかによって、頂上までの距離が多少異なるのと、トレイル自体の難易度が少し異なる、というコメントが沢山書いてありました。
時計回り”の場合は頂上までの道が急でロッキーな道(石がゴロゴロしている)でチャレンジングなルートとのこと。ただ、距離は6キロ程度。
反時計回り”の場合はトレイルは時計回りに比べてなだらかだけれど、トレイルの長さは12.5キロと長め。。。
どちら周りで行くかは本当にそれぞれの好みになるのですが、私達は下りがロッキーで急なのは滑って膝に良くないし、元々急な下りは得意ではないので、今回は”時計回り”に急坂は登り(行き)に通ることに。
ただし、駐車場を”時計回りのスタート地”に止めてしまうと、
最終的に”反時計回り”のスタート地(要するに私たちが戻ってくる地点)まで来た時に、
また車が止めてあるスタート地点まで2Km最後の最後に登り戻らないといけなくなるため
車は最終ゴール地点(山から下りてきた場所)に止め、
そこからスタートすることにしました。
そうすることで行きはトレイルのスタート地点までまず2Km歩かないといけませんが、戻ってきたとき(体力消耗後)は最終地でそのまま車に乗ることが可能です。

トレイルのスタート地まで伐木業の人が使う道路をひたすら2Kmほどあがります

やっとTin Hat Mountainトレイルのスタート地点に到着。
↑のマップを見てもわかるように「Sunshine Coast trail」と書いてありますね。
そう、実は今回登Tin Hat Mountainは長さ180kmのSunshine Coast trailの中の一部区間で、
Sunshine Coast trail自体はカナダで一番最長(長さ)のトレイルと言われていて、
トレイルなには全部で14つのキャビン(Hat)があります。
どこで何泊するか、どのくらいのスピードで移動するかにもよりますが、
最短でも8-10日間は要するトレイルです。
こちらから14つのキャビンを確認可能
https://sunshinecoast-trail.com/plan-your-hike/hut-to-hut/

最初の3.5~4キロぐらいは日陰の無い足場の悪い岩道をひたすら上がっていきます。
写真ではわかりづらいですが結構急で私もかなりスローペースで上がっていきました。(なので常に写真はみんなの背後から。苦笑)

後ろに湖の景色がみえてきました
おっそーい私を待ってくれるごはん

時計回り”のルートで上がっていくとトレイルを上がる途中途中にこのように(↑)十字路に差し掛かります。
何かというと。。。。

実はこのトレイル。。。。

車でTin Hat Mountain頂上まで徒歩(ハイキング)45分の場所まで行けるんです!!!爆

そうなんですまあどんな車でも行けるというわけでもないんですが、
四駆でハイクリアランス(車高が高め)の車であれば最後の45分の個所まで直に行けることができ、車道がハイキングのトレイルを被るようにジグザクに交わって通っているため途中何度も十字路にぶつかるというわけです
日帰りで時間が限られている方でJeepなどのハイクリアランスの車を持っている方であれば楽ちんハイキングをするのもお勧め♪

ですが!
キャンプ予定の方は上に止めるとコースをループ(一周)することができないためお勧めしないですし、
何よりも達成感が無いので可能な限りハイキングで上がることをお勧めします!←ただの強がりという噂も。。。笑
ちなみに私は最初からこの車で上がれることは知っていましたが、
バックパッキングの方ほぼ100%がハイクアップしてるので、私たちも車を使う予定はありませんでした

道路と合わさる道が終えるとさらに険しい岩道になります。
ここまでくると伐木エリアも抜け木々に囲まれていて日陰なのでまだいいですが、夏ということもあり暑さもありなかなかきつかったです

水分補給も忘れずに!!

しばらく急な崖道を上がりその地点からさらに300mぐらい上がって頂上に近づいてくると

頂上までの最終の150mぐらいの距離がマーキングもわかりづらくトレイルもここなの?という状況に突然かわります

むしろもう一人と一匹においてかれ私はどこかわからない。。。笑

この道なき道を超えたところが突然開けてきて

Hatが見えました!!!!

やっと着いたーと見渡しても相方もごはんもいない。。。
はて、、、、どこにいるのやら、としばらくきょろきょろしていると

さらに上に登っていた相方を発見。。。。
遅すぎる私を待ってくれずどんどん先に行かれていました。。。涙
よーく見ると右上の方に相方ともう一人立ってるのが見えます
特にトレイルにマークがしていないのでどのようにして登ればいいのか不安ですがとりあえず彼がいる場所をめがけて上がることに。
もう頂上に着いた、と思ってHatを見たときにアドレナリンを出し切ったのでまたここから上がるとなるとかなり乗り気がしないですが仕方ないです。。。

緑のラジオ棟(なのか??)を目指してしぶしぶ上ります。。。

ブログが長くなってきたので、頂上に着いてからの景色やキャンプの様子に関してはまた次回のブログに書きたいと思います!
お楽しみに
それではまた~♪

こちらの記事もオススメです!

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP