お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

ハイキングレポート Norvan Falls

皆さんこんにちは!
ハイキングレポーターのAkaneです。

先日またまたハイキングに行ってまいりましたのでご報告です!
今回行ったスポットは公共バスも近くまで通っているので留学中の皆さんでもアクセスできる場所になります!

その名も
Norvan Falls

トレイル基本情報はいつも通り、
Vancouver Trailから引用します。


往復約5時間、標高自体はそこまで上がらないようですが、
14キロとはまた長い。笑
こないだ行ったハイキングHigh Falls Creekもまあなあ長いハイキングでしたが、
今回はさらに長いハイキング。
コース自体はそこまで難しくなさそうなのでまあ大丈夫だろう、ということで行ってきました!

Norvan FallsとはLynn Headwaters Regional Parkの中にあるトレイルの一つになります。
Regional Park内にはほかにもいくつかトレイルがあるのと、
ピクニックエリアやパークに入る前までもハイキングトレイルや川沿いを歩くことができるようになっているのでハイキング目的でなくても色々な人が多目的で楽しむことができる公園です
駐車場も、公園の入り口に一つ、それまでの間に離れて数か所、全部で4か所あります。
ただ、一般の方にもアクセスしやすい(気軽に行ける)場所のため、
天気の良い日中になると全ての駐車場が満車になってしまうので車で行く方は早めのスタートをお勧めします

ちなみに私達が止めたのは公園入口から一番遠い4つ目の駐車場です
そこからだと歩いてプラス2キロぐらいの距離になります

公園入口まで道路の脇道を歩きます

公園入口にはいたるところにこんなサインが

コロナの感染病の事も踏まえ、ハイキングやピクニック、公共の場所でもしっかりソーシャルディスタンスを守りましょう、というサイン。
ピューマ一匹分空けましょう、という例としてピューマを出しているんですが、
ピューマって。。。こんなに大きいんだ。汗
出るらしいですよ、ノースバンクーバーのこのエリアで・・(本当の話)

さて、気を取り直して公園の紹介。
入口付近にはピクニックをしたり、川辺に下りて日向ぼっこしたりなどリラックスした雰囲気が広がります

私達が行ったのは朝の時間(9時前)だったのでまだ人はいません。(でも駐車場は4番目。。。泣)
中に入るとトレイルの説明があります。

現在まだトレイル内に雪が残っているルートに関しては閉鎖されていますが(バンクーバー6月、まだ最高気温は18度程度)、
今回行く場所はエレベーション(標高)200メートル以下しかスタートから登らないのでSnow Free(雪が無い)開いていました。

中級レベルの難しさで、距離はここから13.8キロ、時間は6時間。
ん?Vancouver Trailには5時間と書いてあったような。。。

まずは簡単なトレイルを進んだあと、後半にちょっと難しくなるみたいですね。
地図上にあるLynn Peakもなかなか綺麗な景色が広がりお勧めのようですが、
難易度が上がるようなので今回はとりあえずNorvan Fallsで落ち着くことに。

最初はこんな感じの道が1時間近くつづきます。
道も平坦で結構楽。。。
最初のEasyセクションはループコースになっているので、
犬の散歩や、運動を踏まえた近所に住んでいる老人の方、ランニングしている方を見かけます。(はい、朝なので誰もいませんでしたが。笑)

私達はこのままEasyルートで途中まで行くのもつまらないねーということで、
あえて20分ほど行ったところに途中から中級レベルのコースに分かれる場所があるので、
そこに挑戦してみることに
上の写真で右側の道の方です。

右に行くとすぐに「熊出現注意」のサイン…
ノースバンクーバーは熊がよく出現すると聞いているので注意が必要そうですね!


この道に入るとしばらく登ったり下ったりを繰り返します。

階段が続いている場所があったり、

橋があったり、

先日行った場所まではいかないですが、
石や木の根っこで凸凹すべりやすいので注意しながら進んでいきます


途中倒れた木があって、その根っこのところに人々が置いた石が沢山ありました!
森の中にはいると何百年、何千年生きているんだろう、という木が沢山生えてます
このノースバンクーバーの森で昔から住んでいるんでしょうね

途中最初に紹介したEasyトレイルと合流してさらに1時間半ほど進んでいくと
現在は閉まっていますがさらにここから別のルートに行くトレイルのサインがあります。

3つに分かれていて、
一つは私達が向かっているNorvan Falls(もうこのサインからは30分以内)、
もう一つはここからはさらに3時間以上進むトレイルColiseum Mountain Trail (21Kmで10時間以上かかるトレイル)、
そしてここからGrouse Mountainに進むトレイルここからさらに9Kmがあります。

↑のは橋を渡るとGrouse Mountainへ続いているルートになります。
Coliseum Mountain TrailとGrouse Mountainのトレイルに関しては現在閉まっています。

すでに↑の写真でも川が見えていますが、あと20分ぐらい進むともうお目当てのNorvan Fallsがあります。
なんだかんだで駐車場から7キロ近く歩いたなー。汗

でーーーん!!!!
マイナスイオンムンムンの滝が目の前に出てきました!
(滝に下りるまでの道が危ないので、下に降りるかは皆さんの判断にお任せします。)

もっと温かくなるとこの滝のところで泳ぐ人もいるんだとか
(この日の気温は最高温度16度程度。。まだまだ水は冷たい。汗)

この写真で見るとトレイルは滝に向かって右側で終わっています。
川の流れの(写真に向かって左側)にくるには写真の右側に映っている人のように川を渡るか(簡単にそうに渡っているように映ってますが、結構深い河で、石と石の感覚が超広いので私には無理でした)、
この私がまたがっている丸太を渡るかになります。
この丸太に座ってポーズしているように見えますが、
実際この丸太がすっごい滑るんです!男性なんかは立って上を歩いて渡ってましたけど、
結構川の水面まで高さがあるのと、
川の流れが速くて、落ちるのを恐れて私は座りながら体を腕で持ち上げ、スライドさせながら渡った風景がこちらです。笑
いや、本当自然は恐ろしいですよ、みなさん。気を付けてくださいね。
落ちたら絶対大きな怪我してしまう系です、ここは。

滝からの水しぶきがスチームのようにいい感じに飛んできて、
マイナスイオンを思いっきり吸ったあとはスナックを食べて帰るとします。
帰るときは、
最初に中級トレイルを通った場所は初級トレイルで戻ることにしました。
(初級コースは一通ではなくループコースになっているので、ループの半分だけ行きか、帰りに使用して今回のNorvan Fallsに向かうことができます。)
中級と初級トレイルが交わった場所に行くと。

ん?なんか木影にいるぞ?
カラスか??

いや、違う、カラスの4倍ぐらいの大きさある
(写真じゃわかりづらいんですが、本当にでっかい黒い鳥!)

これ、レイバンだ!!!(ワタリガラス)

カラスの仲間とは言え、
鷹のようなどっしりと構えた姿で木の上から何かを見つめていました。
森を守っているのか。。。
かっこよかったー!!
写真じゃ大きさが伝わらないのが残念。


さて、レイバンを後にし初級コースを下っていくと、
こちらのルートは道自体は平たんで簡単なのですが、
水たまりのMuddy(泥道)が続いていました。汗

あっという間に足元は泥だらけ。汗


横目で川を眺めながらゆっくりおります~。

びっくりなのが、
初級コース以外にも、中級コース、木の根と石ころがゴロゴロした道であっても、
トレイルランナーが多いこと。
もう滑って転びそうな道でもびゅんびゅん走っていきます。
やはりノースバンクーバーの自然の中に住んでいる人は逞しく育つのだろうか。。。

そんなことを考えながら歩いていると駐車場につきました。

もう満車だー・・・
なんだかんだ言って今回のハイキングは
往復17キロぐらいでした。トータルで。

駐車場からカウントするとエレベーションも300メートル以上あるのね。
まあデジタルで計っているもののどこまで正確かわかりませんが。

今回のハイキングはとにかく長いですが、
バスでLynn Valleyの近くのバス停までこれますし、
そこまで難しい道ではないので留学中の皆さんにもおすすめかと思います!
ただアクセスしやすいだけあってこれから混んでくるのも予想できるので、
朝早く出発するなどしてSocial Distanceを保つようにしてくださいね!

また、ハイキングには必ず必要道具や食料の準備をしましょう。

また、日が沈む時間に気を付けて時間に余裕を持って行動しましょうね。

是非ぜひこの夏、皆さんも挑戦してみてください♪

 

 

こちらの記事もオススメです!

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP