お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

ハイキングレポート St. Marks Summit

皆さんこんにちは。
EWのハイキングレポーターのAkaneです。
先週末もハイキングに行ってまいりました!
今回行ったのはバンクーバーのローカルスキー場のCypress Mountainからスタートするハイキングコースです。

Cypressからスタートするハイキングコースはたくさんあるのですが、
今回は2年前にもこちらのブログに紹介してもらったSt Marks Summitになります。
→ https://www.eastwestcanada.jp/blog/archives/10764

今回もこちらのVancouver trailsのサイトから情報を引用

コースは往復約11キロで、5時間かかるコースです。

でもだいたい片道2時間ぐらいで着くと思います、私は1時間45分ぐらいでした。
レベル的には中級レベルなのですが、
後半は道がぐちょぐちょの沼道になっていますし、木の根っこの道を上ったり、崖道を上がったりするので、
足が悪い人にはお薦めしません!
滑りやすいので、足元は滑りずらいグリップのしっかりついたハイキングシューズを履いていくことをお薦めします。
行きも滑りやすいのですが帰りも下り道が続くので、
ハイキングスティックなどあるといいかもしれません。(ちなみに私はいつもスティック無しです、でも今回普通の、坂にもなっていないところで転びました。地味に腕にあざができて今も痛い。笑)

足の踏み場が悪いといえば、こんな道もありました。。。

一見ゴミが不法投棄して置いてあるみたいですけど、
中には砂利土がたくさんはいってたので、多分ぐちゃぐちゃ道に敷くやつだと思います。

さて、こちらのSt. Marks Summitだけではなく、
何処のハイキングコースに行くときもそうなのですが、
ハイキングは朝の早いスタート!をお薦めします。
朝一で運動すると気持ちがいい!というのもそうなのですが、
10時11時となるとトレイル(登山路)も次々に人々がやってきて混んできます。
狭いですので、このような滑りやすいトレイルは人が多くなればなるほど危なくなりますし、時間がかかります。

私はいつも8時半~遅くとも9時には登山を始めて、
昼過ぎには降りるようにしています。

頂上の絶景ポイントもすごい人だかりになるので、
皆さんも行く場合は朝早いスタートをしましょうね!

さてさて、頂上の話をしましたけど、
頂上は実は崖の上に位置していて、
View pointはアクセスに制限があります。

上の写真の右下に小さな人がいるのがわかりますか?
頂上に着くと、Viewポイントといっても一か所に「ココ!」とあるのではなく、
ちょいちょい離れたところに散らばってあります。
この写真でもわかるように各ポイントが狭いのです。
(といっても実際制限を張られているのではなく、とても狭くて多くの人がワイワイしていると崖下に落ちる可能性がある、ということです。汗)

このように頂上は崖の上ですので、
写真等を撮る際は譲り合いを心がけるようにしてください。
また足元をまずはしっかり確認してからにしてくださいね。

どれだけ急かを表現したかったのですが、ちょっと写真だとわかりづらいですね...
決して崖の上から顔を出して下をのぞきこんだりしないように。。。汗
冗談抜きで下に落ちますから。

山頂には絶景を見れるだけではなく、
かわいいフレンドリーな動物たちと出会うこともできます。
まずは。。

右下に写る、バンクーバーのハイキングでは必ずと言ってもいいくらいいつもいるカナディアンジェイ達(鳥)この子たちも手に餌を持っているふりしたらいつでも飛んできて手に乗っかってきます♡

そしてこの子たち。。。そう野生のシマリス君たちです。。。
リス君たちもちょろちょろとしていてすぐに人間に寄ってきます。


ちょっと手を出してら寄ってきて触らせてもくれます。可愛い~♡
野生の鳩ちゃんもいます。

でか!友達はこの子は食べたら美味しいよ~と言っていました。笑
でも野生動物の確保は絶対しないでくださいね!
さて、せっかくですから頂上からの景色をもう少し見せますね。



この日は良い感じに雲も出てて、なんだか「天空の城ラピュタ」の映画を連想させるような日でした。

こんな絶景や壮大な自然がバンクーバーからすぐのことろにあるなんて本当私は贅沢だなーと思う瞬間です。
さて、頂上でスナックを食べて下山するぞ~と降りていくとスキー場内でこんな子たちにも遭遇。

あれ??
この子はもしや。。。

あれれ!!でかいのもいるぞ。

そう、熊親子たちに遭遇。。。汗
小熊二匹にお母さん熊一匹。
とーっても可愛くこっちを見ています♡

って!!!

これ、実は危険ないんです、特に子持ちの親熊は超危ない。。子を守るためになら平気で攻撃してきます。
こんなに近くに熊親子を見れてラッキーなんだけれど、ある意味アンラッキー、、、
嬉しいけど怖い。。。
皆さん熊を見たら絶対に近づいて写真なんて取りに行かないように!(上は望遠レンズで取っていますが、それでも実際は20メーター先で結構近い場所にいました。
ハイキングコース内の林にいて、気付かずに超真横を通るところでしたが、
ハイキング中の方があそこに熊がいるから気を付けるように、と教えてくれました。
そそくさと横を通過して駐車場へ向かいました。

バンクーバー付近のハイキングコースは熊との遭遇も結構あるので、
皆さん鈴をバックパックにつけたりして、熊たちに人間の存在を知らせ近付かせないようにしましょう。(結構小さな鈴でも熊は耳が良く聞こえるみたいですよ)
どうしても遭遇してしまった場合は、
ベアスプレーなどで対策できるようにしておきましょうね。
私達も怖いですが、熊も私達が怖いのです。決して食べようとして襲ってくるのではなく、
自己防衛で攻撃してくるので、変に相手をびっくりさせてはいけませんよ!

どうでしたか?
バンクーバーのハイキングシーズンはまだまだこれから!
日本の夏のようにじめーっと暑くならず、木陰はとても涼しいので、
気持ちよくハイキングを楽しむことができますよ♪
是非皆さんもこの夏は色々なハイキングスポットに行ってみて下さいね!

こちらの記事もオススメです!

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP