お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

公立カレッジに進学?まず読もう!

バンクーバーよりAkaneです!

ここ数年、特に去年ぐらいから公立カレッジ進学に関するお問い合わせが非常に増えてきた気がします。
「現地の学生と共に専門分野を勉強したい」
「せっかくカナダに留学するなら卒業後に勉強内容を活かして就労経験もつみたい」
「カナダに将来的に移住したい」
などなど

多少異なった目的だったとしても、
「カナダの学校で勉強し卒業したい」というのは一緒ですよね!

East-Westでも数々の公立カレッジと提携をしていまず。
例えば過去にバンクーバ―市内で紹介した学校ですと、
Vancouver Community College
BCIT
は人気で最近も多くのお問い合わせをいただきます!

将来大学編入まで目指すかたは、
Langara College
も問い合わせが多いですね。

さて、今回のブログでは最近多いニーズに合わせてこれからカレッジ進学を考えていらっしゃる方にアドバイスと注意点をあげてみましたので是非参考にしてみてくださいね!

・TOEIC・英検は入校基準に使えない
日本の就職などでは英語レベルをはかる物差しとして重視されているTOEIC。
残念ながらカナダの公立カレッジ入校基準としては使用できません…
カナダの公立カレッジではIELTS(アイエルツ)のAcademic、またはTOEFLiBTを英語力を判断するための入校条件として設けられています。
カレッジ・大学進学を目指す方は、まずIELTSのテストを受けてみましょう。
英語力に自信のない方は語学学校・IELTSを勉強できる学校もご紹介可能です!

・進学プランは1年以上前から始めよう
公立カレッジの入学、受付はプログラムにもよりますが、
年に1~2回あります。入校時期も1月や9月スタートが多いです。
願書の提出から実際に入学するまではだいたい半年程要しますので、
余裕をもっての準備が必要になります。
ご自身の英語力やその他入校条件、必要書類を集める時間等も含め逆算すると、
1年以上前から準備を開始しておくのが良いでしょう。

過去のブログ、こちらも参考にしてみてください。
カナダカレッジ・大学進学について知っておきたいこと

・十分な費用を用意しましょう
学費は決して安いものではありません。
現地では学費だけではなくその他生活費もかかります。
カレッジ進学となると最低でも1年、通常2年以上カナダに滞在することになりますね。(その前に語学学校に通学するとなるともっと長くなります!)
その間の学費や十分な生活費をまずは用意している必要があります。
カナダのカレッジに通学すると週に一定時間内働くことが許されるビザが発給されますが、
稼ぐことができるのはおこずかい程度で、生活費や学費を賄うことはできません
ましてや本来本業とすべき勉強が中途半端になってはいけませんので、
「カナダに行ってから稼ごう~・稼げるし~」という考えは捨ててください!
留学にはやる気とタイミングは確かに大事ですが、十分な費用を備えていなければ全てが中途半端で終わってしまいます。
学校にもよりますが、
学費はターム(3-4ヶ月)毎で平均$7000~8000ドルぐらいが目安になります。

・高校までの課程を日本で終わらせてからきましょう
カレッジ進学の入校条件の一つとして、「高校課程まで終わらせていること」があります。入学願書を提出する際に、高校卒業証明書と成績証明書を英文書類で用意し、提出します。
カレッジによっては卒業していることだけでなく、好成績で卒業していなければ入学受け入れしくれないこともありますので、
高校時代からちゃんと毎日学校に通い、勉強に励んでいた方が好まれます。
(昔から努力する方のみカナダのカレッジでも受け入れられるのです!)
日本の一般高校であれば、英文での証明書発行もしてくれるはずなので、
もし既に通学するカレッジが決まっているのであればあらかじめ各証明を取得しておいてもいいかもしれません。
通学カレッジが決まっていなくても、卒業(在学)した高校で英文発行が可能か、どれくらい時間がかかるのか、お金はかかるのか、など事前に確認しておいてもいいですね。

・カレッジ進学の前に高い英語力をつけておきましょう
これは基本の基本です。
最初に書いた英語の入校条件のレベルにも関連しますが、どんなプログラムを受講するにも英語力がまずは一番重要になってきます。
公立カレッジはカナダ人の学生達と同じクラスルームで同内容を勉強します。
「先生、この単語の意味なんですかー」なんて聞くのはタブーですし、
授業を中断して周りに迷惑をかけることになります。
カレッジに進学できた、ということは同時に英語には問題ない、と判断されるわけです。
語学学校では英語の勉強を、カレッジでは専門分野を勉強します。
授業についていけない~なんてもったいないですよね。
まずは自分の現在の英語力を確認し受け止め、
焦らずに、余裕の持った計画をするのが良いですね。
日本で高校までの課程を終わらせ、英語に触れてきた学生でも、
カレッジ進学前には平均1年~1年半語学学校に通学しています。
私なんて留学した当時、英語がゼロの状態から始め、カレッジ進学まで語学学校に2年半通いましたよ。←これは長すぎで私が出来なさ過ぎだったのかもですが…笑

英語は私達の母国語ではありません。
日本語であっても、18年以上生きてて(私なんて30年以上)、
今でもわからないことはあるのです…
よく「できるだけ早く、そして安いカレッジないですか」と問い合わせをいただくのですが、回答は「ありません」になってしまいます。泣
現在ベースとなる英語力がまだまだ低いのに、楽をして語学学校をすっ飛ばし、
カレッジに進学しようとしても、授業についていけないどころか、
入校も受け入れてもらえません…
最近ではカレッジ進学専門コースや、カレッジ付属の語学コースもあるので、
本科コースに入学する前にそういったプログラムを利用して準備をすることもできますが、
このようなプログラムに入るにも英語の入校基準が設けられていますので、
予め語学学校に通学しておくのは大事です。

まとめ
カレッジ進学を目指す方は長期プランが必要になります。
将来は何をしたいのか、それに向けてはどんな準備が必要になるのか。
自分の英語力は今どれくらいだろう。
留学自体が初めての場合はさかのぼってどれくらい語学学校に通うべきか、
カレッジ進学も含めると何年カナダ滞在になるのか、
その為の費用はあるのか、ない場合はどのようにして貯めるか、
という日本にいる時点から計画することは沢山です。
努力した結果入学できたらそれで終わり、ではなく、
今度は卒業を目指すための勉強生活が待っています。
授業で学んだことをしっかり物にして卒業するためには日々の努力を続けることがKeyポイントになりそうですね。

East-Westは頑張る方、頑張りたい方を応援します!
しっかりと目的をもってカナダ留学をすることによって、
きっと将来への大きな自信につながりますし、そういう方はどこにいっても成功し、
やりたいことをしながらキラキラ頑張っていけるのです。
そんな方は是非お問い合わせをお待ちしております~
(03)JP+EN+JP

こちらの記事もオススメです!

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP