月別アーカイブ: 2014年9月

 プリンスエドワード島(2/4)はこちらhttp://www.eastwestcanada.jp/blog/archives/5100

今回の内容はです
以前の記事でシーフードも盛んであると言いましたが、
この旅行中はひたすら食べ続けていました

なんせ食べ物が本当においしかったんです

IMG_8602

これは、色んなところで見かけるフリットです。
ホタテアサリエビなどがありました
日本ではシーフードが盛んであれば、生で出したり浜焼きにするのがメジャーですよね。
揚げ物にしちゃうなんてもったいない・・・
でもおいしかったです〜

最終日のディナーで地元で有名なWater Prince Corner Shopというレストランへ行きました
予約するのがベターな人気なレストランです

IMG_8673

オイスタームール貝のワイン蒸し

ムール貝ってまず日本の食卓に出てこないですよね
カナダではスーパーへ行けば普通に売っているのでホームステイの時は良く出てきたりしました
個人的にムール貝が大好きで、日本にいた時はで贅沢をしたい時に5個入り399円のムール貝のガーリック焼きを注文していました
なのにここでは20ドルしない値段で何十個も食べれちゃいます
まさです

サイゼリヤの話をしたので久しぶりにミラノ風ドリアが食べたくなってきちゃいました

…話それましたすみません

オイスターにはチリソースが添えられていましたがシンプルにレモンを搾ってそのまま食べました!
新鮮なだけあって、オイスターの臭みはまったく感じません

IMG_8675

かにスプーンのようなものを渡され、実をほじったらあとは好みで溶かしバターにつけて食べます

ロブスターは言うまでもなく最高でした

もしこの島に住んでいたら毎日食べちゃうんだろうな〜なんて思ってしまいました

あっ
でも、ロブスターの食べ過ぎでロブスターアレルギーを起こした人もいるらしいので、食べ過ぎには要注意です

ロブスターのプーティンも見つけました

IMG_8692

なんとも贅沢なプーティンですよね〜

ロブスター!
じゃがいも!!
地産地消!!!

ちなみにプーティン(Poutine)とはカナダ発祥のジャンクフードで、フライドポテトにチーズ肉の旨味たっぷりのグレービーソースをかけたものです

説明だけでもカロリー高そうですが、カナダではマクドナルドケンタッキーなどでも食べることができるほどポピュラーな食べ物なんです

日本でも下北沢でプーティンが食べれるところがあるみたいなので、興味ある方は是非行ってみては

IMG_8701

街を歩いていると、このようなシーンも度々見られました
馬の足音
のどかな街の雰囲気がとてもマッチしていました

IMG_8703

そしてたまに見かけるこのプレート
これ、100年以上”ヘリテージハウス”につけられる、登録証のようなものでプレートには建てられた年号最初の持ち主の名前が記されています

この登録証をもらうと、外観を変えてはいけないなどの規則はあるものの、家の維持費を州が負担してくれるそうです


!!!

という Heritage Places Protection Act の取り組みです
んーすごい!!!!

ちなみにプレートにIslanderと書いてありますが、この島に住んでいる人を「アイランダー」と呼ぶそうです
なんだか可愛いですね

ここは新聞社のオフィスのようです

そしてそして
世界一のアイスクリームと言われているcowsの一号店PEIにあるんです!

IMG_8709

ナイアガラでも食べる事できますよね
少し甘すぎる気もしましたが、“世界一”を味わえた私は満足満足

シャーロットタウンは小さい街なので徒歩でどこにでも行く事ができます。

IMG_8689

港の近くにこんな広場があり、昼間は奥にあるステージでちょっとしたなり、ダンスなりしていてアイスを食べながらまった〜り見ていました

次回はいよいよ最終回です
PEIの他の見所と個人的にある意味1番感激した出来事をご紹介します!
お見逃しなく!!!

プリンスエドワード島(4/4)はこちらhttp://www.eastwestcanada.jp/blog/archives/5151

Water Prince Corner Shop
http://www.waterprincelobster.ca/
COWS
http://www.cows.ca/


 「カナダ留学・ワーキングホリデー(Working Holiday)に興味のある方、ご相談無料ですので
お問い合わせはこちらのフォームよりお気軽にどうぞ!」

プリンスエドワード島(1/4)はこちらhttp://www.eastwestcanada.jp/blog/archives/5001

ではでは、大変長らくお待たせいたしました
ここからお待ちかねの“赤毛のアン”にまつわるスポットをご紹介します。

IMG_8577

これは、物語でも度々登場していた馬車です
第1話でマシューはこの馬車に乗ってアンを駅まで迎えに行っていました。

この馬車を通り過ぎると、、、

IMG_8567

じゃーーーん!!!!
この家がアンの住んでいたグリーンゲーブルズです
正確には赤毛のアンの舞台と言われているお家です
実際には著者モンゴメリさんの親戚が住んでいた所なのだそう
真っ白の外壁
にきれいな緑のペンキが良く合っていますね

そして写真右側に写っている木が”雪の女王”です

IMG_8595

物語の中では桜の木でしたが実際にはリンゴの木でした
なかに入ると、そこはもう物語に登場してきたものばかりでした

キッチンの戸棚には、アンが親友のダイアナを招いたときに間違えてお酒を出してしまったシーンで有名な“イチゴ水”も置いてあります

IMG_8546

実は原文では raspberry(ラズベリー)と書かれているのですが、この頃日本にラズベリーが知られていないときだったので親しみのある“イチゴ”と訳されたそうです

そして階段をあがるとそこには、アンの部屋があります

IMG_8549

とっても女の子らしい部屋でした

部屋の中にはギルバートに赤毛をからかわれたアンが彼の頭を叩いた時の石盤も置いてあります

Untitled

そしてマリラの部屋には、アンが失くしたと疑われた紫水晶のブローチも飾られています

IMG_8556

外に出てみると、

「ん

IMG_8583

“アン”がいました
小さな子供とお話してました
なんだかとても絵になりますね〜

 IMG_8585

この写真ポストカード作れちゃいそうです
ちなみに物語と同様、この“アン”赤毛のことやそばかすのことをからかうと怒るそうです
さすが“アン”
です!!

IMG_8590

“お化けの森”“恋人の小径”も、ハイキングコースとして歩く事ができます。
空気が澄んでいて気持ちよかったです

物語の最初でアンマシューと馬車に乗って、駅からグリーンゲーブルズに向かう途中、アンを見つけます

夕陽を浴びて、水面キラキラと光り輝き、さぞかし美しかったのか、アンはその湖を“輝く湖水”と名付けました

IMG_8311

これが輝く湖水です
写真で伝わりにくいのが悔しいですが、ほんっとに輝いていました
池の周りを馬車に乗って周遊するオプションもあるみたいです
池の向かい側にはグリーンゲーブルズ博物館もあり、ここの館長のパムさん著者モンゴメリさんの叔母のお孫さんなんです!
(遠いとか言わないでください笑)

IMG_8300

この方です!とても良い方です
以前長い事に住んでいたみたいなので、トロントに詳しいです!
行かれた際には是非話しかけてみてください

グリーンゲーブルズの近くにキャベンディッシュ郵便局があり、ここからハガキを投函するとAnne of Green Gablesの文字の入った消印が押されるので、記念に手紙を出す人が多いそうです
私も、日本にいる母へポストカードを送りました

photo

母は赤毛のアンの大ファンなので、とても喜んでくれました

IMG_8315

この写真とても綺麗じゃないですか
フレンチリバー
というところで、シリーズ5目の《アンの夢の家》アンとギルバートが新婚生活を過ごした村のモデル作となったところです

何時間でもいられるような、
すてきなところでした…

そしてこれが著者モンゴメリさんと旦那さんが眠っているお墓です。
お墓の写真を撮るなんて、あんまり良くない事だと思ってしまっていますが普通に写真okなのだそう

IMG_8612

モンゴメリさんは英語の綴りにとてもこだわりがある人で、本来なら旦那さんの名前は「EWN」なのですがモンゴメリさんは「EWN」という綴りを好んでいたそうで石碑にはwife of EWANと彫らせたそうです。

物語の中でもアンは「ANN」ではなくE付きの”ANNEと呼ばせていました。
(読み方は同じアンです)
ここで疑問に思うのが、ンゴメリさんは自分の人生とアンを重ね合わせていたのではないか”ということです。
でも、モンゴメリさんは断固として認めなかったそうです
にしても、あまりにも共通点が多い事に気づかされます……です

この島では季節によって色んな花を見る事ができます
車を走らせていたら、真っ黄色の菜の花畑を見つけました

IMG_8317

青い空黄色がとても映えていてとても綺麗でしたが、もすごかったです

次回は現地で食べることのできる、絶品のシーフード料理をご紹介します
お楽しみに~:D

プリンスエドワード島(3/4)はこちらhttp://www.eastwestcanada.jp/blog/archives/5133


「カナダ留学・ワーキングホリデー(Working Holiday)に興味のある方、ご相談無料ですので
お問い合わせはこちらのフォームよりお気軽にどうぞ!」

皆さんこんにちは。
バンクーバーオフィスのアカネです。

本日は先々週末に行われたロードバイクレース「Gran Fondo Whistler」
についてのご報告です!

実はこのレースにはEW Vancouverのエース、タケシも参加
レースの何か月も前からロードバイクでトレーニングを続け、
この日のために備えてきました
その頑張りは私も知っています

ロードバイク好きなら知っている人も多いですが、しらない人の為に…
GranFondo(グランフォンド)とは、
一般的には山岳コースをメインとした長距離系ロングライドイベントのことです。

グランフォンドは世界各地で開催されています。
今回のウィスラーレースはバンクーバーからウィスラーまで約125KM自転車でかけぬけるものでした

レースのスタートは早朝6時50分、スタンレーパークからです!
IMG_0930
集合時間はもっと早いので、
さすがにレース前から応援にはいけませんでしたが
ゴールは絶対見守りたい!!
ということで…
私もタケシとの共通の友人を引き連れ8時半集合で車でウィスラーまで応援しに

車で走る事40分ほどで、
ぽつりぽつりとライダーたちが見えてきました……..

タケシの初参加ということもあり、
最後の方の群れにいるんだろなーと走り出して一時間程の自転車の群れをきょろきょろ…

…いない

走っていくとどんどんライダーたちが出てきてもっと探しずらくなってきました…

IMG_0953
**大会当日はライダーたちは車の一般車線を走り抜けており、
車は反対車線を走ったり、規制はなっているものの、
ハイウェイで車で走るのでゆっくりスピードを落とすこともできません。

↑といっても皆車に負け時劣らず早い早い

そんな中探すこと10分ほど…

いました―――――――!!!!

見つけました!
結構真ん中あたりの集団と一緒に走っていました。
早い!!

横目でタケシを見つつ、
先回りして車が止められるところで待機…
IMG_0955

待っている間も沢山のバイカー達が通り過ぎ、
拍手をして頑張って―というと皆笑顔でThank youと言ってくれたり、
親指を立てて、グットマークをしてくれます♪
IMG_0950 IMG_0956
日本の箱根駅伝を思い出す~★

待つこと約30分…
タケシも一生懸命自転車こぎこぎ現れました‼
私達を見た瞬間「あ、おうっ」
IMG_1001

しゃーしゃーと通りすぎていきました。
私達は大声で

「たーーけーーーしいいいいいーーーがんばれえええーーー」
と叫び、またもや車に駆け込み先回り(笑)

走っていると15分ほどで追いついたので、また窓を開けて
大声で

「たーーけーーーしいいいいいーーーがんばれえええーーー」


IMG_1008

次は笑顔で手をあげ自転車をこぎ続けていたタケシ。
私達はそのままウィスラーに向かい、
ゴール地点で待つこと30分…
(タケシさんを最後に見たのは残り70キロを超えたところだったので、
そこから1時間もすればたどり着くかな?と思っていました。)

IMG_1011
ゴールで待つこと1時間…

こない…

1時間半…

こない…

だんだん不安に
途中で負傷してないかな、どうしたんだろう
まさか私達が到着する前にもうゴールした?(30分ぐらいで?)

心配して友人の一人が出ないだろーなーでも、とタケシに電話したところ
なんと出た!
実はまだレース中であと10キロ時点だとのこと。
というか自転車乗りながら電話出たのにびっくりですよ。笑

あと10キロということは残り20分ぐらいかな?
と待ってたところ来ました!!!

皆でキャーキャー!!!

ゴールでは実況中継車がいるので、
「TAKESHI Hashimoto for Star!」と言われていました。

ゴール時点も激写。
IMG_1012

いや~、タケシがゴールした時は感動してちょっと泣きそうになりました、
本当。

結果は6時間45分

実は私達が最後に見かけてから(スクオミッシュより先)、
50KM以上続く心臓破りの坂で一気に速度を落としたとのこと。
無事にゴールしてくれて本当良かった
よくやってくれました!!!
IMG_0896

レース直後に話をしたら彼の声はカスカスガラガラ。
きっと疲れたんでしょうね

来年は5時間以内を目指すとのこと。

よく頑張りました!!!

IMG_0886
しっかりメダルもぱしゃり

その後はウィスラーのホテルにチェックインしてビレッジをぶらぶら、
タケシの疲れを取るためにもリラックスしてウィスラーを楽しみました。
IMG_0958IMG_0947IMG_0945
翌日は滝を見に行ったり、
パワースポットを回りバンクーバーに車で戻りました。
IMG_1002 IMG_0939
IMG_0938 IMG_0936 IMG_0921

タケシ君、本当よく頑張りました!
East-Westとして一生懸命走った彼に拍手を♪

 

みなさん、こんにちは。

East-Westカナダ留学センターのチョンスンです。

CNEも終わりトロントの夏が終わったと言われていますが、みなさんはどこか旅行行かれましたか?こないだ生徒さんがPEI(Prince Edward Island)に行って来たそうで、そのPEIでの旅をEast-Westのブログに書いていただいたので、是非とも読んでみて下さい!↓↓↓↓↓


こんにちは

EWにお世話になっているあゆみと申します

私は2週間前にPEI(Prince Edward Island)へ行ってきました

PEIと聞いてピンと来た人もいるかもしれません…
そうです!日本人なら誰でも知っている“赤毛のアン”の舞台になった島です!
今年のPEIの観光客の割合は昨年の3.5倍なんだそうです!!!!
朝ドラの効果でしょうか…

 

 

とってもとっても綺麗な島だったので、たくさんの写真と合わせて紹介したいと思います

IMG_8046

PEIはに囲まれているのでたくさんの灯台があるんです
実際に上ることもできますよ

IMG_8050

見て下さいです
5ヶ月ぶりに海を見た私は興奮しっぱなし
なんせトロントのビーチは“湖”ですからね

 

IMG_8207

洗濯物をこのように青空の下で干しているのも私は「ぐりとぐら」の中でしか見たことありません

IMG_8333

パトカーです。仕事する気ありますかって思わず突っ込みたくなります…
この写真を見て前にナンバープレートがないのに気がつきましたか

この島では前にナンバープレートをつける義務がないそうで、私が見た限り全ての車が後ろにしかついていませんでした
とっても変な感じがしました

これは車のナンバープレートです
写真がはいっていておしゃれですね
何種類かあるそうです

でも今年でカナダ生誕150周年を記念して新しいデザインのプレートが出たそうで、今年中にそのプレートに全員変えなきゃいけないのだとか…

ちなみに古いナンバープレートはお土産としてギフトショップにも売っていたりします
私は赤毛のアンの絵が入ったものを購入しました