お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

プリンスエドワード島 (2/4)

プリンスエドワード島(1/4)はこちらhttps://www.eastwestcanada.jp/blog/archives/5001

ではでは、大変長らくお待たせいたしました
ここからお待ちかねの“赤毛のアン”にまつわるスポットをご紹介します。

IMG_8577

これは、物語でも度々登場していた馬車です
第1話でマシューはこの馬車に乗ってアンを駅まで迎えに行っていました。

この馬車を通り過ぎると、、、

IMG_8567

じゃーーーん!!!!
この家がアンの住んでいたグリーンゲーブルズです
正確には赤毛のアンの舞台と言われているお家です
実際には著者モンゴメリさんの親戚が住んでいた所なのだそう
真っ白の外壁
にきれいな緑のペンキが良く合っていますね

そして写真右側に写っている木が”雪の女王”です

IMG_8595

物語の中では桜の木でしたが実際にはリンゴの木でした
なかに入ると、そこはもう物語に登場してきたものばかりでした

キッチンの戸棚には、アンが親友のダイアナを招いたときに間違えてお酒を出してしまったシーンで有名な“イチゴ水”も置いてあります

IMG_8546

実は原文では raspberry(ラズベリー)と書かれているのですが、この頃日本にラズベリーが知られていないときだったので親しみのある“イチゴ”と訳されたそうです

そして階段をあがるとそこには、アンの部屋があります

IMG_8549

とっても女の子らしい部屋でした

部屋の中にはギルバートに赤毛をからかわれたアンが彼の頭を叩いた時の石盤も置いてあります

Untitled

そしてマリラの部屋には、アンが失くしたと疑われた紫水晶のブローチも飾られています

IMG_8556

外に出てみると、

「ん

IMG_8583

“アン”がいました
小さな子供とお話してました
なんだかとても絵になりますね〜

 IMG_8585

この写真ポストカード作れちゃいそうです
ちなみに物語と同様、この“アン”赤毛のことやそばかすのことをからかうと怒るそうです
さすが“アン”
です!!

IMG_8590

“お化けの森”“恋人の小径”も、ハイキングコースとして歩く事ができます。
空気が澄んでいて気持ちよかったです

物語の最初でアンマシューと馬車に乗って、駅からグリーンゲーブルズに向かう途中、アンを見つけます

夕陽を浴びて、水面キラキラと光り輝き、さぞかし美しかったのか、アンはその湖を“輝く湖水”と名付けました

IMG_8311

これが輝く湖水です
写真で伝わりにくいのが悔しいですが、ほんっとに輝いていました
池の周りを馬車に乗って周遊するオプションもあるみたいです
池の向かい側にはグリーンゲーブルズ博物館もあり、ここの館長のパムさん著者モンゴメリさんの叔母のお孫さんなんです!
(遠いとか言わないでください笑)

IMG_8300

この方です!とても良い方です
以前長い事に住んでいたみたいなので、トロントに詳しいです!
行かれた際には是非話しかけてみてください

グリーンゲーブルズの近くにキャベンディッシュ郵便局があり、ここからハガキを投函するとAnne of Green Gablesの文字の入った消印が押されるので、記念に手紙を出す人が多いそうです
私も、日本にいる母へポストカードを送りました

photo

母は赤毛のアンの大ファンなので、とても喜んでくれました

IMG_8315

この写真とても綺麗じゃないですか
フレンチリバー
というところで、シリーズ5目の《アンの夢の家》アンとギルバートが新婚生活を過ごした村のモデル作となったところです

何時間でもいられるような、
すてきなところでした…

そしてこれが著者モンゴメリさんと旦那さんが眠っているお墓です。
お墓の写真を撮るなんて、あんまり良くない事だと思ってしまっていますが普通に写真okなのだそう

IMG_8612

モンゴメリさんは英語の綴りにとてもこだわりがある人で、本来なら旦那さんの名前は「EWN」なのですがモンゴメリさんは「EWN」という綴りを好んでいたそうで石碑にはwife of EWANと彫らせたそうです。

物語の中でもアンは「ANN」ではなくE付きの”ANNEと呼ばせていました。
(読み方は同じアンです)
ここで疑問に思うのが、ンゴメリさんは自分の人生とアンを重ね合わせていたのではないか”ということです。
でも、モンゴメリさんは断固として認めなかったそうです
にしても、あまりにも共通点が多い事に気づかされます……です

この島では季節によって色んな花を見る事ができます
車を走らせていたら、真っ黄色の菜の花畑を見つけました

IMG_8317

青い空黄色がとても映えていてとても綺麗でしたが、もすごかったです

次回は現地で食べることのできる、絶品のシーフード料理をご紹介します
お楽しみに~:D

プリンスエドワード島(3/4)はこちらhttps://www.eastwestcanada.jp/blog/archives/5133


「カナダ留学・ワーキングホリデー(Working Holiday)に興味のある方、ご相談無料ですので
お問い合わせはこちらのフォームよりお気軽にどうぞ!」

こちらの記事もオススメです!

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP