お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

シアトルへ!(第4話)

シアトル・ダウンタウンでは、
街のいたるところでストリートパフォーマーが活動中。

この人、どうやってこの技を習得したのでしょうか。
ギターをあごで支えてバランス取りながら、
フラフープを回して他のギターを弾き、ハーモニカもたまに吹く。
そして両足では小さなマラカスでパーカッション。

どうやって習得したかより、
なぜこんなことやろうと思いついたのだろうか、気になるところです・・・。

「このテクニックはすっごいカロリーを消費するんだぜーーー!フォーーーー!!」と言っていました。
しかし、そのテクニック(&バカバカしさ)にたくさんの見物客は大盛り上がりでした。

文字が掘り込んであるを売るお土産屋さん。

日本のお土産やさんでよく見かける「努力!」や「友情!」
とか書いてあるペナントのような感じかな。
「Patience(我慢!)」と書いてある石を8ドルで購入。

しかしどこに行ってもがいます。

シアトルのバスは、
バンクーバーのと違ってなんだか面白い色あいですね。

そんなこんなであっという間に1日は過ぎ、
最後は再びStation近くの、
紀伊国屋が入っている日系スーパーマーケット「宇和島屋」へ。

小腹がすいたので、和風な巻物を購入。
あとで、バスの中にてむしゃむしゃと食べました。

その他にもお味噌、お酒など色々売っています。
(カナダのスパーではお酒は売っていないので、便利ーー!)

帰りは、早起きと歩き回ったせいか、車内で爆睡。
気がついたらカナダ国境、今度はカナダの審査官に「ハロー!」。

また無視。。

国境の人はどちらも冷たい・・・。
しかし無事にカナダに帰ってくることができました。

●カナダ再入国豆知識
カナダに住んでいる人は、
カナダから離れている日数が2日以上であれば
お酒なら缶ビール24本分の量、
タバコなら200本(10箱)を持ち込むことができます。

逆に今回の私のような1日であれば持ち込みに制限があり、
上記の数量を持ち込むことは不可。

それでも持ち込む商品には、
カナダ国内で同じ商品を買ったとしてかかるだろう金額と
同等になるように関税がかけられます。

しかーし、今回私はアメリカでサッポロ黒ラベル10本、
タバコ・マルボロ1カートン(10箱)を購入、
無謀にも持ち帰ってきたのです。

だってアメリカのほうが安いんですもの。

しかし、嘘や悪いことをしてカナダへ再入国できないなどなってしまうと大変なので、
帰国時に関税がかけられても勿論払うつもりで、ちゃんと申告したのです。

結果はなんと、スルー。

えぇぇいいんですか、と若干不安になりましたが
無事入国できたので、ラッキー。O Canada。
皆さんも対象商品を持ち込む場合はちゃんと申告しましょうね

さて、バスの旅最後は、途中サレーとリッチモンドで
乗客を数名ずつ降ろしながら、バンクーバーへ!

帰ってきたどーーー!!と、
当初の「電車の旅」という夢は叶いませんでしたが、
1日のシアトル観光を思いっきり満喫しました!

次回はもっと早起きして電車で行くぞー!
と思いを馳せながら、帰宅・就寝・・・。
おやすみなさーい。

バンクーバーから気軽に行けるアメリカの都市シアトルへ、
皆さんもぜひ!
(電車で!)

こちらの記事もオススメです!

  • シアトルへ!(第3話)シアトルへ!(第3話) バンクーバーを出発したAmtrakのバスは、 シアトルダウンタウン南側のKing Street […]
  • シアトルへ!(第2話)シアトルへ!(第2話) バンクーバーからAmtrakのバスに乗り南下、 約1時間でアメリカとの国境へ! 入国審査を待つ車の列の先は […]
  • シアトルへ!(第1話)シアトルへ!(第1話) バンクーバーから飛行機で約1時間、 バスで約3~4時間のところにある アメリカ・北西の都市「シアトル」。 シ […]
  • シアトルのカナダ大使館 シアトルのカナダ大使館  現在観光ビザで滞在していた人が長期的に学校へ通うよう予定を変更する、 なんていうことも珍しくありません。 […]
keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP