お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

語学留学 トロント Takumiさん

カナダ留学・ワーホリ(Working Holiday)の目的

学生時代、就職活動を目前にし、自分のやりたいことや長所・強みが何も見つけられませんでした。

「これは何かしないとまずい」と思い、「とりあえず英語だろ」と考え留学を決意しました。

・・ですが、今考えればあまり良い動機とは思えず、自分自身の将来に対する現実逃避のようなものだったと思います。

East-Westをご利用いただいた感想

渡航前のメールでのやり取りでは留学までの流れを丁寧に案内して頂き、不安なく出発を迎えることができました。到着した際にはオフィスでホストマザーと暖かく迎えてくれたことが今でも印象に残っています。

滞在中は「何かあってもオレにはEWがついているから」と安心してトロント生活を楽しんでいました。

先日、大学卒業前に1年ぶりにトロントに行った際にも相変わらず暖かく接していただき、「帰ってきたんだなぁ」と感じさせてもらいました。

 

学校生活について

私はKGICのESLに約半年間、その後併設のKGIBCにてビジネスマネージメントのプログラムを9週間受講しました。

KGICは文法、リーディング・ライティング、リスニング、コミュニケーションの 4科目でそれぞれレベルが分かれている(レベル1~5)のが特徴です。ちなみに私は入学時のレベルは文法から順に3・2・2・3で半年後はオール4でした。

レベルアップにはだいたい3か月くらいかかります。しかし多くの生徒は3~4か月でKGIBCに移りビジネスコースを受講するので、半年もいるとベテラン感が出てきます(笑)

学校は遅刻や欠席に厳しく宿題も多いです。しっかりと勉強したいという人が多い日本人には向いていると思います。

しかしけっして堅苦しい雰囲気はなく生徒同士、また先生と楽しくコミュニケーションが取れ、すぐに馴染めました。放課後や休日もいっしょに遊ぶ機会が多かったです。

KGIBCはKGICに併設されたビジネススクールで様々なビジネスコースがあり、私はビジネスマネージメントコースを受講しました。ESLとは違い1日中同じクラスでの授業となります。

先生・クラスメートもほぼ固定されるのでより密接な人間関係が築けると思います。内容はとにかく難しかったですが英語力をさらに伸ばすことができたし、ビジネスなんてかじったこともない私には本当に良い勉強になりました。

帰国後の就職活動にも役立ちました。

語学留学  トロント Takumiさん

トロント生活について

学校に通いながら様々な活動・サークルに参加しました。

トロント大学のキャンパスを使用したLanguage Exchangeではカナディアンと日本語・英語を教え合い、仲良くなった人とはプライベートでも遊んだりしまいた。語学学校に通っているだけではなかなかカナディアンと知り合う機会はないので貴重な経験でした。

そして最も力をいれた活動は野球です。トロントでも結局野球をすることになり最初は自分でも呆れていましたが、かなりレベルが高く元甲子園球児とかカナダトップレベルの選手と一緒にプレーする中でどんどんのめり込み、情熱が蘇ってきました(笑)小学生の頃から長いこと野球をしていますが、野球とは一味違う『baseball』を体験することができて楽しかったです。ちなみに私はシーズン後半にピッチャーとして活躍し、最後に最優秀投手賞を受賞したことは留学生活の自慢です(笑)

野球のほかにも学校のクラスメートとビーチバレーチームを作り大会に参加していました。私はど素人でしたがみんなに教えてもらいながらとっても楽しませてもらいました。スポーツを通じて知り合った方は国籍を問わずたくさんいます。今でも良く連絡を取り合う大切な仲間たちです。

また他にもWoodbine Station近くにあるバーテンダースクールで資格を取得したりと勉強以外にも色んなことに挑戦しました。

 

こちらの記事もオススメです!

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP