お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

どちらが正しい!?

img_0041.jpg

いきなりですが、皆さん、どちらの生ビールがおいしそうに見えますか?
日本人の皆さんは右!と仰る方がほとんどですよねきっと。
生ビールといえば、ビール8か7ぐらいに対し、
泡2または3が基本ですね。

でも、カナダでレストランで働いたとき、
またはカナディアンの友人に日本式のビールを出してしまうと怒られます(笑)
カナダでの正解は左です。
上記の写真左でも、まだ泡が多い方です。
基本的にバーやパブ(居酒屋)で出されるビールは泡無し。

日本ですと家庭でもサーバーから出したような生ビールの体験ができるよう、
泡立つビールグラスも販売されているぐらいですが、
カナダだと、泡なんかに金はらってられるかー!
といったカナディアンの思いから(本当の理由は知りません。笑)、
泡ありのビールはタブーです。笑

ピッチャーからビールを注ぐときは、
とにかくグラスは傾けて、ゆっくりあわ立たないように注ぐのがコツ。

続いて、カナダでビールを頼むとき、
覚えておくといいのがグラスの種類(サイズ)

Pint(パイント)日本でいう大ジョッキより少し大目568mlのサイズ
(場所によってはアメリカでのサイズ473mlをPintと呼ぶ場合があります。)

Sleeve(スリーブ)こちらではPintと同じサイズのものをSleeveと呼ぶときもあります。
338ml

そしてその下がGlassとなります。

グループで頼むときはやっぱりPitcher(ピッチャー)ですね。
PitcherはJag(ジャグ)ともいいます。

学校でできた友人とパブに行くときは、
是非ビールの注ぎ方、
グラスの選び方参考にしてくださいね~!

こちらの記事もオススメです!

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP