お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

ディプロマから学位まで取得出来る!キャピラノ大学(Capilano university)のご紹介!

皆さん、こんにちは!
本日はノースバンクーバーにあるキャピラノ大学(Capilano university)通称Capをご紹介したいと思います。
先日、キャピラノ大学のメインキャンパスを視察に行ってきましたので学校の中の様子もお見せしたいと思います。

キャピラノ大学(Capilano university)

キャピラノ大学は1968年にカレッジとして設立され、2008年に大学になった学校です。
メインキャンパスはノースバンクーバーの山の中にあり、自然に囲まれた静かで長閑なカナダらしい立地です。
バンクーバーのダウンタウンからバスで約1時間ほど(道が空いていると45程度)の場所に在ります。

約9000名の学生が通っていて、その内留学生は2500名程度となります。(日本人学生は1%未満)
近郊にある大学SFUやUBC、ランガラカレッジ、ダグラスカレッジ等に比べると比較的小規模の大学となります。
ちなみに、バンクーバーで一番大きな大学UBC(ブリティッシュコロンビア大学)は60000人近くの学生、スタッフだけでも5000人はいるそうです。いかにキャピラノ大学が小規模か分かりますよね!
他の大学よりもクラスの規模が小さいのが特徴なので、留学生でも勉強について行きやすいと思います。

メインキャンパス ノースバンクーバー
全校生徒 約9000名
留学生数 約2500名
日本留学生比率 1%未満
学生の平均年齢 25歳

キャンパスの様子

キャピラノ大学はノースバンクーバーの山の中にあります。
空気が澄んでいて森林の香りがするとてもリラックスできる場所でした。きっとマイナスイオンの効果だと思います!
キャンパス間の移動は森林の中を通るトレイルを歩いて移動します。
CapU50 Trailというトレイルもあるので、勉強に疲れたら、自然の中で体を動かして頭をリフレッシュしましょう。

公立大学だけあって設備が整っていて、施設もとても綺麗でした。
外の広場では音楽のプログラムを取っている学生が楽器を練習していたりと、ノースバンクーバーらしいゆったりした空気が流れていました。
※写真は私が視察時に撮った写真一部と、主にプライバシー保護の為に大学から提供された写真でご案内しています

大学だけあって施設も充実していて、図書館や体育館、勉強をサポートしてくれる自習スペース、フィットネスセンター、ローカルカフェ、ティムホートン、サブウェイ等の飲食店、そして保育園なんかも有ります。

売店ではCAPのグッズや、ユーズドの教科書も販売していました。

小規模な大学で、クラスも小さいのでアットホームな雰囲気の為、カナダ人と留学生が交流しやすいと思います。
キャンパス内の同じ建物内に留学生用の英語クラスが有りカナダ人学生と同じ空間で学生生活を送る事が出来ます。
Center for International Experience という留学生のサポートの為の部署も有ります。

プログラムについて

キャピラノ大学は、カレッジから大学になった学校なので、サティフィケート、ディプロマプログラムから大学卒業の学位まで取れるプログラムを開講しています。現在約90程度のプログラムが開講されているとの事です。
留学生はビジネスや観光、幼児教育(ECE)などが人気です。
これからのプログラムは留学生は準備コースから入るので、比較的英語の入学基準が低いので入りやすいです。

キャピラノ大学は、音楽、アート系にも強い大学でもあります。 特に映画制作系のプログラムに非常に定評のある学校でもあり、映画撮影用の立派なスタジオや劇場が設けられた大きなキャンパスが有ります。 1年目から映画製作(作品)を開始する実践的なプログラムで、厳しく脱落者が多いプログラムですが、 即戦力になる実践的なスキルを身に着ける事が出来るので、卒業後に映画業界に就職出来る方が多いです。私の知り合いも、キャピラノ大学のアニメーション学科を卒業して映画やアニメなどの製作会社で働いています。

映画スタジオやシアターが入ってキャンパスもあります。
本格的な映画のセットですね!

英語クラス(EAP)について

キャピラノ大学では、本科コースに入る英語力が足りない方の為の英語クラスEnglish for Academic Purposes (EAP)も開講しています。このEAPで基準となる英語レベルに達すると、IELTSやTOEFLのスコア免除で本科コースに進む事が出来ます。進学しない方でも英語クラスは受講可能ですよ。

キャピラノ大学は全校生徒数は約9000人に対して、日本人は45名程度と日本人が非常に非常に少なく、英語クラスも日本人が非常に少ないです。公立学校は1クラス20から25名程度と私立の学校よりもクラスの人数が多いのがネックですが、日本人が少ない語学学校を探している方には良いかもしれません。

英語クラスでは、Listening, Speaking, Writing, Readingをはじめ、プレゼンテーション、エッセイなど本科での就学必要なアカデミック英語を身につける事が出来ます。レベルはEAP 050(中級)〜EAP 100/101(上級)まで6段階あり、1レベル1セメスター(約4ヶ月)です。初級のクラスはないため、初級の方は提携先の語学学校で就学することをお勧めいたします。
中間テストと期末テストがあり、各レベルの合格点以上を取得した場合、次のレベルにアップすることが出来ます。もし、レベルアップできなければ、同じレベルを1ターム繰り返します。(レベルが下がることはありません)EAP090またはEAP100/101になるとArts & ScienceまたはBusinessから本科のアカデミッククラスを1クラス履修出来ます。(EAP100/101履修中、希望する場合は2アカデミッククラスの履修が可能) 最上レベルの100/101をB+(77%)以上で修了した場合は、本科のアカデミックプログラムをスタートすることができます。
レベル分けのプレイスメントテスト(費用50カナダドル)は出願し、入学が決まってから行うため、事前にレベルを知ることはできませんが、IELTS Overall 4.5, no band below 5.0またはTOEFL iBT 32以上を持っている場合はプレイスメントテストが免除され、EAP070以上からスタートすることが出来ます。

学生寮について

キャピラノ大学はバンクーバー近郊で唯一、食事付きの学生寮を持っている学校です。
同じノースバンクーバーにあり、キャンパスまではバスで約20分です。
部屋タイプは2人シェア(共同バスルーム•約1,100カナダドル/月)、1人部屋(共同バスルーム•約1,300カナダドル/月)、スタジオアパートメント1人部屋(専用バスルーム•約1,500カナダドル/月)があり、全て3食付きです。
カナダ人、留学生が共同生活するので友達も作りやすく、きっと楽しい寮生活が出来る思います!

その他

スタート日はいつですか?
メインの開始学期は9月と1月ですが、プログラムによっては5月から開始することも可能です。

出願の締め切りはいつまでですか?
出願の締め切り日は設定しておらず、定員になり次第締め切ります。開始学期の約11カ月前より願書を受け付け始めます。出願の目安は余裕をもって10カ月〜半年前をお勧めしています。

英語力はどれ位必要ですか?
ほとんどのプログラムの英語条件はAcademic IELTS Overall 6.5 No band below 6.0以上、TOEFL iBT 83以上です。(上記の英語力に満たない場合でも入学出来るプログラムもあります。)

どの様な書類が入学審査に必要ですか?
英文の高校の成績証明書、卒業証明書、英語力の証明(Academic IELTS, TOEFL iBTなど)、既に大学やカレッジを卒業している場合はその学校の成績証明書、卒業証明書です。プログラムによっては、ポートフォリオや履歴書の提出、面接などもあります。高校の成績証明書と卒業証明書の提出ができません
高校の書類が出せない場合は、出願者のバックグラウンドによりますが、その他の書類を元に高校書類の提出を免除出来る場合もあります。Post Baccalaureateプログラムは既に大学を卒業しているのが前提のプログラムのため、卒業した大学書類のみ提出していただきます。(高校書類は不要です)

今回視察をして、キャピラノ大学は小規模で大自然の中でのびのびと勉強出来る環境が整った学校だと思いました。
少人数のクラスで、学校の雰囲気もアットホームなので、他の留学生には馴染みやすい学校だと思います。

East-Westは進路相談、学校手続き、ビザ申請等々無料でサポートさせて頂いております。
ご興味を持たれた方はお気軽にお問合せ下さいね!
お問合せフォーム→https://www.eastwestcanada.jp/contact/contact

こちらの記事もオススメです!

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP