お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

Wonderland & Nuit Blanche: トロントの長い一日☆

人生は山あり谷あり、ジェットコースター。駅前の物乞いに何でもいいからちょうだいとせがまれガムをあげたらいらないと拒否され思わず “How dare you?!” な、トロントオフィス ユウタです。みなさまお変わりございませんか?

先週末、ワンダーランドに行って来ました。決して怪しい場所ではありません、カナダに唯一とも言える、トロント郊外にあるディズニーランドの絶叫版のようなテーマパークです。毎年この時期は、通常営業と別に、夜の部で Halloween Haunt というイベントをやっています。お化け屋敷をはじめ、パーク内にゾンビが闊歩するイベントです。

 

夕方集合の頃はまだ明るい。

 

遅刻したやつは誰だ?ゾンビに早々に食べられてしまえ〜(無事に合流できて良かった)

 

特別ディナービュッフェをたらふく食べた頃には日も暮れ始め、ゾンビの時間が近づきます。さあ絶叫に乗り込むゼ☆

 

ファーストライドを飾るのは…やはりリヴァイアサン。観てください、これやばいよ?これ一番最初がやばいの。

 

乗り場が近くなるにつれてリアルナーバスに。席について、ベルトを締めて…カタカタ動き始める車輪。あぁどこまで高く昇るんだろう、一番星が見えるよ…人は何でローラーコースターに乗るの?何で刺激なんて求めるんだろう…平凡な日常こそが幸せなはずなのに…あぁこの車両が頂点まで行った頃に私はこの微かな背徳の代償を払うのでしょう…お空は寒い…人間は地に足をつけてしか生きられないの(ラピュタ)…slight regret…あぁもう一度生きて帰れたら、今度こそLindt のチョコレートを大人買いする…寒い凍える…あぁ人は孤独…カナダまで幸せを求めて来たはずなのに…あぁ恋がしたい恋がしたい…太陽が沈む、夕陽がきれい…
…カタン
…ゴトッ
???

 

重力で落ちるより早く車体に身体を地に持ってかれて足が浮く肩が浮く、でそのままイカれたこの怪獣は再び上昇、その後数回私たちをひねり気味に振り回して私の魂はぷつんとどこかに弾け…
叫んだ状態で口の中カラカラ、涙が物理的に絞り出されて、腰は砕け…ヘロヘロになりながら車体は元いた場所へ。

…これ作った人、バカでしょ、crazyでしょ、ほんと。叩きつけられるレベルよ最初の落下。なんでこんな自然界の摂理に反するような作用を人の身体に与えるようなことをしようと思い立ったのよまったく神への冒涜よ。

で???すみません正直面白かったです、アドレナリンがほとばしります、臨死状態を味わえます、降りた後生き返った気分です、世迷いごとはひとまずどうでもよくなります。ベクトルの違う瞑想でしょうね。ヨーガの呼吸法でカパラバティというものがありまして光る頭蓋骨という意味なのですが同じ作用を味わえますピカーン☆

洗礼を受けてからはぐるっと絶叫マシーンを乗りまくります。途中、お客に混じってゾンビさんたちが脅かしに来ます。イケメンゾンビもいましたきゃっ。

 

あっという間の夜イベントで、12時過ぎのバスに乗ってトロントへ一路戻ります。

でもね、この夜はまだまだ続くのです。

トロントではこの日、夜7時から翌朝7時まで、Nuit Blanche(ニュイブランシュ)というお祭りがあったのです。Nuit Blanche = White Night、白夜?なんで日の入りも早くなったこのタイミングに?ロシア・サンクトペテルブルグでは毎年Белая ночь(ビェーラヤノーチ)って、夏至の日前後2週間ほどにバレエやオペラの祭典をやるのに??
どうしても釈然とせず、うちのおじいちゃん(大家さん)に聞いてみたら…なんとまぁNuit Blanche には白夜という意味の他に、sleepless nightという意味があるのだそう!もともとパリ市長が2002年にアートの祭典として夜通し市内の美術館を解放したことから始まった歴史の浅いイベントということから考えても、いわゆる日本語の「白夜」の意味よりは、「夜通し乱痴気騒ぎ」の意味合いに近いみたいですね、パリジャンの思いつくことに由来なんて求めちゃいかん!今ではメインが光をモチーフとしたエキシビションで、その意味でも「明るい夜」といった感じになっているみたい。

ダウンタウンの随所に(今年はスカボローというちょっとダウンタウンから離れたところでも!)展示がやっていて、私たちはオジントン駅近くの展示にお邪魔してみました。

ここは…炎…火炎放射器、火を噴くエアホッケー笑、「あちちっ」ってバカだーバカだよあんたら笑。そして蛍光塗料塗った布でのインスタレーション。

 

…ノリは学園祭…だめ、だめよゆうた、トロントに六本木ヒルズクオリティを求めちゃ…。今宵はこの浮かれ騒ぎに便乗しなきゃ笑笑。

カナダらしいゆる~い展示にああでもないこうでもないとはしゃぎつつ、気づいたらもう3時。地下鉄の駅で解散となりました。もう深夜なのにトロントニアンみんな地下鉄に乗ってる!1年に1度の眠らない夜はこうして過ぎていったのでした、ちゃんちゃん。

 

ね、普段 #今日のトロントオフィス とかインスタでいつも訳の分からないことやってるあたし達ですが、いつだって生徒さんのトロント生活が楽しくなるように現地密着コンシェルジュさせていただいてるのですよ!皆さんの留学、ワーキングホリデー生活が楽しく有意義なものにするとっかかりとして、留学エージェントを活用するってのもありじゃないかしら??お問い合わせはこちら!

こちらの記事もオススメです!

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP