お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

ちょっと遅くなりましたが、イースターのお話

みなさん、どうもお久しぶりです。
EWトロントオフィスのヒロコです。

トロントはやっと春らしい気温が続くように
なりましたが、さすがトロント、相変わらず気まぐれな
お天気が続いております。
それでも街中のカフェやレストラン、パブなどでは、
パティオのテーブルなども出すようになり、木曜や金曜くらいになると
昼間からでもビールを片手にランチミーティングを行っている
ビジネスマンたちの姿がちらほら見受けられるようになりました。
私も仲間に入りたい!

さて、今週は日本ではゴールデンウィークの連休ですね。
こちらカナダでは先週末がイースターの連休でした。
毎年イースターの祝日が来ると「ああ、春だなあ」と思わせる
時期になったというサインなのです。

イースターといえば、あちらこちらで卵やウサギの形をした
お菓子やおもちゃなどを目にします。
また、子供たちは学校や家で卵のデコレーションをしたり、
Egg Huntingといって、卵拾いゲームをしたりして楽しみます。

街ではイースターのパレードも行われ、ウサギのぬいぐるみ達や
卵の形をした大きな山車を見物できたりするんですよ。

私は先週のイースターでは、特にパレードを見に行くことはありません
でしたが、この時期限定のウサギ型や卵型のチョコレートを友達やファミリーに
配りまわるついでに、自分用にも用意してチョコレート三昧の連休を
過ごしました。

4116_410x445_172g_lndt_goldbnnylndregggftbx_product.bmp

220px-cadbury_eggs_white.jpg

卵型のチョコの中には、小さなおもちゃが入っているものや、
本当に卵の黄身や白身に見せかけたシロップが入っている
ものなど、いろいろと楽しめます。

cimg2919.jpg cimg2923.jpg

cimg2924.jpg cimg2926.jpg

cimg2930.jpg

ところで、なぜイースターには卵とウサギが出てくるのでしょうか?

イースターは一般的にキリストの復活祭として
認識をされていますが、もともと古代ギリシャでは
春をつかさどる女神をたたえた習慣からきており、
卵は”新たな命の芽生え”の象徴であり、ウサギは
“豊かな繁殖”の象徴であるとされていたものだそうです。

春はまさに動物や植物が新たに命の芽を出す時期ですね。
そういった意味で、イースターはまさに「春の祝祭」というわけなのです。

こんな風にイースターの由来や意味を考えてみると、
卵やウサギはとても縁起がよいものなんだな、と思います。

というわけで、引き続き卵型チョコやウサギ型チョコを食べ続ける
私でありました。

こちらの記事もオススメです!

  • 春分春分 3月21日、日本は春分の日でしたね。 カナダでは春分の日はありませんが、 もうすぐ"イースター"がや […]
  • オススメの渡航時期とは?オススメの渡航時期とは? こんにちは。 トロントオフィスのミワです。 留学といえば、 やはり皆さんのイメージは パティオでビールの素敵 […]
  • Remembrance DayRemembrance Day 皆さんお久しぶりです。 トロントオフィスのミワです。 トロントもだいぶ寒くなり、 いよいよ冬が近づいてきたな […]
  • トロントオフィスのハロウィーントロントオフィスのハロウィーン みなさん、お久しぶりです。 トロントオフィスのヒロコです。 最近はアシスタントのミワさんが ブログを書いてく […]
keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP