お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

2022年ROワーキングホリデー、ヤングプロフェッショナル申請受付開始!

本日は2022ROワーキングホリデーRO Young Professional(ヤングプロフェッショナル)のお知らせです!
今年の応募を楽しみにしていた方が沢山いらっしゃると思いますが、
2022年は募集要項に少々変更がありましたので希望者の方は下記の内容を良く読むようにしてください。

注意:ROワーキングホリデーついては、30歳以上で過去に通常のワーキングホリデーに参加されたことのない方を優先して募集させて頂きます。

ROワーキングホリデー(セカンドワーキングホリデー)、Young Professionalとは?

ROワーキングホリデーとはRecognized Organizations for foreign youth – International Experience Canada(通称ROワーキングホリデー)は通常のワーキングホリデーと同じように、オープンワークパーミットを取得出来るので、ワークビザのように就労先に縛られる事なく、カナダの好きなところで1年間働く事が出来ます。通常のワーキングホリデーとの大きな違いは、31歳以上で35歳までの方も参加可能です。
ただし、このビザは政府指定の機関を通さないと取得する事ができないと言う条件が付きます。
なお、参加枠が非常に少なく限られています。

 

ROワーキングホリデーの特徴

・35歳以下の方であれば参加可能
・最大1年間カナダに働きながら滞在可能
・自由に仕事を選ぶ事が出来る

 

Young Professional (ヤングプロフェッショナル)の特徴

・通常のワーキングホリデー制度を利用された方でも参加可能
・35歳以下の方であれば参加可能
・最大2年間カナダに滞在可能
・仕事、雇用主が限定される

ヤングプロフェッショナルズは、Young Professional Work Permitは雇用主が限定されたワーキングホリデービザ(就労ビザ)となります。ビザは最大2年間下りるので長くカナダに滞在して働く事が出来ます。このビザを取得するにはカナダで雇ってくれる雇用主が決まっていないといけません。またビザを取得された方は、その雇用主の元でしか働く事が出来ません。(別の雇用主の元では働けません。)
定められた雇用主の元であれば通常の就労ビザの様に働く事が許可されます。このビザの期間に働く(いた)職種、ポジションが永住権を申請できるカテゴリーに載っていれば、カナダ永住権の取得にも繋げられる可能性が有ります。(職種、ポジションが永住権の申請に繋がるかは移民コンサルタントにご確認頂く必要があります。)

応募条件

基本条件

  • 日本国籍(日本のパスポート)を保持していること
  • 18歳~35歳であること**
  • 過去に犯罪歴やカナダでの違法行為がないこと
  • ビザの期間医療保険に加入可能であること
  • 入国時にCAN$2500 相当以上の資金がある事を証明できること
  • 扶養家族が同行しないこと
  • プログラム参加費のお支払いができること
  • インタビューを通過でき、RO団体の指示に従い申請を自身で進めることが出来る中級レベル以上の英語力があること
    (英語の通訳、翻訳は弊社では行いません。)
  • 発展途上国や、以前に別の国でワーキングホリデーをされた方は、メディカル検査を受けて頂いたり、犯罪証明証の提出が出来ること
  • 永住権目的でのビザの取得でない事(ビザの目的にwork and travelです。)
  • ビザの切り替えは、カナダ国外に出て再入国できる方。(現時点ではROはフラッグポール不可)
  • カナダ政府指定のワクチンを2回以上接種済みの方
  • 過去にROワーキングホリデー・Young Professionalsビザを取得された事がない方

**ROビザに関してはまずは過去に通常のワーキングホリデーをされたことの無い、
31
歳以上35歳以下の方の応募を優先的に受けさせていただきます

 

ヤングプロフェッショナルズ参加条件
基本条件
に加え下記の条件が必須となります。
Young Professionalの参加を希望する方はJob カテゴリーがカナダ移民局が定めるNOC 0 (zero), A, or Bでなければなりません。仕事のカテゴリーについてはこちらからご確認ください。

1) カナダでジョブオファーがあり、決まっている仕事に関連した就労経験が2年以上ある方。

2) カナダでジョブオファーがあり、その仕事に関連する大学、カレッジなどの学科を卒業してる方(英文のDiplomaCertificateの証明が必要)

例:You studied Gastronomy or Hospitality and you get a job as a Cook or Server in Canada, you will be able to secure a Young Professional work permit.

雇用主はカナダ国内に位置し、正式なビジネスライセンス(ナンバー)を持っていないといけません。
雇用主は以下の条件を満たす必要があります。

1)参加者に仕事を提供すること。(ジョブオファー)

2)雇用主がカナダ移民局内の雇用主用のポータルサイトに必要事項を入力し(会社情報、仕事内容等)
 移民局のサイトより申告費用$230を支払う必要があります。(オンラインクレジットカード払い)
 ポータルサイトの記入のインストラクションは弊社提携RO団体がご案内します。

通常の就労ビザ(LMIA)とは異なり、雇用主の負担が少なく、給料を最低賃金以上で自由に決める事が出来ます。

費用について

プログラム参加料金

  • RO Working Holiday: CAD 4,800(過去に通常のワーキングホリデーに参加済みの方)**まずは過去に通常のワーキングホリデーに参加されたことのない方を優先して受付させていただきます。
  • RO Working Holiday: CAD 4,000(通常のワーキングホリデーに参加された事がない方で30歳以上の方)
  • Young professional: CAD 4,990

    CAD 800 Non-Refundable Reg Fee.(上記の金額に含まれます。)


その他発生する費用(上記プログラム料金に含まれていないもの)

  • IEC Fee: CAD 156
  • Biometrics: CAD 85 (if they have not done it before)
  • + ONLY FOR WH work permit category: Open Work Permit Fee: CAD 100 
  • + ONLY FOR YP work permit category: Employer compliance Fee: CAD 230

メディカル検査費用(求められた方は)、航空券、生活費、交際費などの個人的な費用、海外送金・着金手数料、保険、無犯罪証明取得費用が他に自己負担で必要となります。

お申し込み手順について

1) 必要書類:

  • Valid Passport + any permits/ visas from before.
    有効期限の十分あるパスポート+過去に取得したビザ(カナダ、カナダ国外関係なくすべて)のコピー+スタンプの押された全てのぺージ
  • Current immigration status in Canada (if in Canada).
    カナダの現在の滞在ステイタス(カナダに現在いる場合)
  • Most updated Resume – Including any stay of 6 months or more outside of their home country
    英文履歴書(レジメ)の提出、過去に6カ月以上滞在していた国が日本国外にある場合はレジメにその詳細も記載

書類審査に必要な書類の案内は弊社よりご案内致します。
スカイプ、面接はすべて英語です。
注意:枠の確保は先着順ではなく、英語力や海外での滞在経歴などを審査して申請をスムーズに進めれる方を優先して選ばせて頂きます。

2) 書類選考 – この時点で過去に日本、カナダ以外の国でワーキングホリデー、半年間以上の滞在がある場合はそれらの国から無犯罪証明書を取得し提出できるようにしてください。

3) Payment of the Fees
審査を通過されるとプログラム代金のお支払い

4) IEC Profile in the RO IEC Pool 

5) Submission for ITA – IEC POOLに登録してから約2週間ほどで招待状が届きます。
カナダ政府の事情で招待状が届くのが遅くなる場合があるので、予定より時間が掛かる場合がある事を想定しておいてください。ROや弊社ではこの期間はコントロールできません。

6) Received ITA: 10 days to accept + 20 days to submit the work permit application.
招待状が届いたら、10日以内の招待を承諾、その後20日以内にワークビザの申請を提出する必要があります。
期限が過ぎるとビザは却下されます。
ROの案内に従い期日までに申請を完了させてください。

7) Biometrics – If required only.
過去10年以内に登録を済まされている方は必要ありません。

8) Work Permit result
Processing Times: 10-12 weeks (counted after Biometrics)
ビザの結果は、通常バイオメトリクス完了から10〜12週間ほどで出ていますが、コロナ禍で想定内に事が進まない事例が多く、通常よりも時間が掛かることが予想されます。ビザの審査期間は全てカナダ政府次第となり、RO、弊社ではコントロールできませんので、時間が長く掛かる可能性があります。

ビザの許可証を取得されましたら、ビザの許可証の期限以内にカナダに渡航、カナダに既に居られる方は一度帰国し、カナダに再入国し移民局にてビザの原本発給を受ける必要があります。

注意事項

East-West Vancouverは提携のRecognized Organization:RO(STEPWEST)の許可のもと、ROワーキングホリデー、young professionalプログラムを日本人の方にご紹介し、仲介業務をしております。
プログラムに参加された方には、弊社が間に入りROからのビザ申請に関する案内をさせて頂きます。
基本的にはROから直接お客様とやり取りをすることは受け入れ確定がされるまではありません。
ROワーキングホリデー並びにRO young professionalのビザ申請は参加者自身が主体になってプロセスを進めていただくビザです。申請自体は基本的にROの指示に従いご自身で申請手順に沿ってすすめていきます。
ROとの英語での面接内での理解はもちろんのこと、各書類やご案内の英語をしっかり理解できる方である必要があります。(弊社で代行で書類を作成したり、書類の内容の翻訳、文章の通訳はいたしません)
英語は完璧でなくてもよいですが、ROのスタッフとの英語でのコミュニケーションが難しい方、そして各書類の内容の読解ができない、という方は受付をお断りすることがございます。
(「英語力は〇〇テストで何点以上ですか?」という質問をよくいただきますが、英語力というのはTOEICやIELTSのテスト結果で判断するのではなく、コミュニケーションスキルや文章の理解力によって異なってきます。ネイティブレベルでなくてももちろん大丈夫ですが、基本的には審査官の言っていることを理解して、申請書類の内容(英語)を理解し、英語回答ができるレベルが必要となります。)
加えて、申請中にこちらに指示にスムーズに従えない方(時間にルーズ、レスポンスに数日以上の時間を要する)、
まじめに申請する気がないとこちらで判断した方、弊社とコミュニケーションをとるのが難しいと判断した方も申請途中でお断りすることがございます。

ビザ申請の遅れやプロセスの遅れがIEC、IRCC等の移民局の都合で発生した場合、私共(East-West Vancouver そしてRO)ではこの状況を変更することができませんことを十分ご理解ください。

**移民を踏まえてこちらのプログラムに参加を希望される方が多々おりますが、
ROのビザは移民に直接関連づける為のビザではありません。カナダでのTravel & Workが目的とされたビザであり、基本的にはRO体験後は日本への帰国を前提としている方へのご紹介となります。
弊社は移民専門ではないため、移民に関するお問合せは専門の方に直接お問合せいただきますようお願いいたします。

ご興味のある方は是非一度お問合せくださいませ!

**ROワーキングホリデー・ヤングプロフェッショナルはEast-Westバンクーバーオフィスのみの取り扱いとなります。
お客様の滞在都市に関わらずお問合せはバンクーバーオフィスまでお願い致します。

こちらの記事もオススメです!

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP