お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

カナダのお土産お勧めリスト

皆さんカナダいうと何を連想します?
やっぱりカナダといえばメープルの国旗から連想するメープルシロップやメープルクッキー?
こういったお土産もらうと嬉しいんだけど、
最近では日本の成城石井などでも買えるみたいですよね。汗

毎度日本に戻る度に「カナダならでは~」とか「めずらしいもの~」とか考えるんですけど、
なかなか難しいですよね。。。

ということで今回は私、バンクーバーのカウンセラー・Akaneの独断と偏見(このシリーズ多い、笑)で、
お勧め土産をピックアップしてみました~!
是非一時帰国やこれから日本に帰る方、そしてこれからカナダに旅行に来る予定の方(特にバンクーバー)、参考にしてみてくださいね♪

バンクーバー・リッチモンド発祥のクラッカー
Lesley StoweのCrisps(クラッカー)

お値段は$5.99(セールの時)~$7.99(定価)とちょっとお高いのですが、
フルーツやらハーブやらナッツやらが豊富に入ったとってもヘルシーでおいしいクラッカーです。

最近チーズなども出てまたまたおいしい~
こちらのクラッカー場所はちょっとがさばるかもしれませんが、
プレゼントする人する人に「おいしい~」と評判です♪
重さは軽いので、たくさん買ってほかのお土産と一緒にクロネコヤマトのバリューパックなどで事前に送ってもいいかも?
これならカナダ製品もそうだけど、バンクーバーローカルだからね♪

 

続きましてこちら。
王道なスモークサーモン

スモークサーモンってお土産屋さんだと木箱などに入って売っていますが、
私の家族や友人からはあまり「おいしかったー」という評判はなかったのが実際のところ。
お土産のサーモンは日持ちするようにしっかり火を通してあるので、
スモークの域を超えてクックドになっていることが多いようです。
結構ドライでサケフレークのようになっていることも多いと聞くので、
それからはお土産屋さんで買いません。
私はスーパーで小売りになっていて、食べきりサイズ+薄い~!!のサーモンを買います。
多分人によっては「え?これ冷凍なのに大丈夫なの??」と思う方もいますが、
私の場合、帰国当日の家を出る直前まで冷凍庫に保存して、
ダララマ等で買える保冷剤+保冷バックも冷凍庫にいれておき、
家を出るときにスーツケースに入れていきます。
もちろん日本に到着したときはすでにすべてとけてますけど、
サーモンはスモークされていますし、しっかり密封されているので真夏などでなければ問題ないです!
*衛生上の保証は私どもではできないので自己責任でご購入を決めてくださいね。

 

カナダのローカルビール

ここ数年は日本でもマイクロブリュワリー(クラフトビールっていうの??)が流行っているみたいですが、
カナダではだーいぶ前からマイクロブリュワリーが流行っています。
かなーり珍しい種類のもあるので、ぜひビール好きな友達にお土産としてもっていくのはどうでしょう?
缶のデザインもかなりいけてますよ~!
バンクーバーだとStemworksがダウンタウンにあるブリュワリーではかなり昔からあり、
お店にあるグラスや缶のデザインがかなーりいけてます!
中のビールもそうですけど、デザインだけでももらったらたのしめちゃいますよね。

ウィスラーブリュワリーから夏限定のウィートアプリコットAleもおいし~くて甘くてビール苦手な人でも飲みやすくてお勧め!

ビールとワインは日本に持っていけるの?という疑問があると思いますが、
実はワインであれば760mlを3本まで、ビールであれば2Lまで(350mlの缶を6本まで)は免税範囲内なのです♪
免税を超えたとしても1Lあたり200円当たりの税率を支払う程度。
実際支払ってもそんなに高くないので、重ささえ気にしないのであればお土産としては結構ありなんじゃないですかねー。
詳しいことに関しては税関のページをご参照ください~

カナダ、トロント発祥化粧品ブランドAbnormal Beauty Companyのコスメ

こちらのブランドん関しては過去のブログをご参照ください。
https://www.eastwestcanada.jp/blog/archives/11861

エイジングのハンドクリームやグロスリップなど、小ぶりのものも多く、お求めやすい価格で販売されているので、女性の友達なんかにどうでしょうか??

 

Crate61(カナディアンナチュラルソープ)

お風呂やトイレに置いておくだけで香りがとても良いソープ(石鹸)は、
手や体を洗うのに使ってももちろんいいですが、お部屋の香りづけにもなりますよね!
上の石鹸やココナッツやマンゴー、アボガドグレープフルーツなどどれもほんとーに香りが良い!
ハンドメイドで自然物しか使ってないのでちょっぴりお高いのですがもう香りに惹かれました。
石鹸って消耗品なので人を選ばずあげられるのがいいですね!

カナディアン(ロースト)コーヒー


もちろんコーヒー豆はペルーやコスタリカからのものですが、
ロースト(コーヒー豆の風味を出すための炒る工程)はカナダにある地元のコーヒーブランドで行っています。
ローストストするブランドによって香りが全然違うので、
コーヒー好きのお友達にはコーヒーをお土産にしてもいいかも。
ちなみにBC州にあるキッキングホースや、ソルトスプリングコーヒーなどはおいしいと評判です。
(市販で買えるものの中では)地元のコーヒー屋さんを狙うなら49th ParallelやJJ Beans、Matchstickなどもおすすめ。
コーヒー屋さんに行かないと買えないことも多いのですがぜひ行く機会があればぜひ買ってみてくださいね。

ポップコーン豆


私ってそんなにポップコーンを好んで食べる方じゃないんですけど、
友人曰く、カナダのスナックは日本よりも塩分濃いめ、とのこと。
そうよね、ケーキでもなんでも日本の倍くらい甘いですもんね!
それがいいことか悪いことかはさておき、
このインスタントポップコーン、バターの味が濃いめでとってもおいしいらしい!
そして箱の中には3袋小袋で分けて入っているので、
配り用にもいいかも?
作り方はいたって簡単、中の小袋を出して、紙袋の指定側を上にして電子レンジに入れるのみ!
2分くらいでほっかかのバターたっぷりのポップコーンが出来上がります~♪

 

なんだかんだで。。。
メープル製品!
メープルシュガーやバター

ちなみに上の写真のMaples Sugar Hackのメープルバターとシュガーは、
BC州のスクオミッシュのローカルな会社がやっています。
Granville Islandのマーケット内にブースを出しているのっで買うことができるのですが、
小分けにされていて、バターもシュガーも小さなプラスティックの入れ物に入っているので、壊れる心配もないし、重さも軽め、小さいサイズなのでお土産にも配りやすいです!5つ買うと6個目無料!とかもやってるのでいいですよ。
値段も安めです。


メープルシュガーはメープルシロップよりも軽いですし、
容器がつぶれてしまう、という心配も少ないですよね。
お菓子作りに使うのもいいですが、
お店の人曰く、サーモンを焼くときとか、食べる前に少しかけるとおいしいよ~
コーヒーなどにいれてもいいよ~と教えてくれましたよ。
なるほど、そういった使い方があるのですね。
もちろんトーストにバターを塗って、砂糖の代わりにメープルバターを振りかけてもおこさんは喜ぶかも!
同じ糖質でも砂糖とは異なり天然の木からのオイルなので体にもいいですね!

メープルバターはトーストに塗るとおいしいし、
そのまま舐めてもおいしいですよね~(メープルバターってバターが一切入ってないってしってました?→雑談)

イワシの缶詰(Sardines)


小さくて運びやすい!お酒を飲む方へのおつまみでどうでしょう?トマトソースや、
チリ、ディルパセリなど珍しいお味もそろってていいですよ~♪

う~ん。
カナダのお土産って本当にかさばるもの、重いものが多いですね。笑
このブログ書いてて思っちゃいました。笑

いかがでしたか?
少しでも参考になると嬉しいです~!

皆さんもこんなお土産が評判良かった、お勧め~などありましたら是非教えてくださいね♪

 

 

 

こちらの記事もオススメです!

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP