お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

日本から買って持っていくもの(女性のスタッフ独断と偏見編)

皆さんこんにちは!
引き続きAkane in Japanです!
(はいっまだ日本にいまーす。笑)

先日
カナダおすすめ土産♪(スタッフの独断と偏見編)

を挙げましたが、
今回は私が日本から購入して持ち帰るものに関してあげたいと思います。
特に「おすすめお土産」ではなくて個人の消耗品であると便利なものを挙げます。
特に私は女性なので、女性特有のものが中心ですが、
これから渡航予定の女性に少しでも参考になれば~
結構はっきり書いているので男性にとって見づらかったらすみません。笑
*私はすでにカナダ在住なので初めて行く方にどれだけ参考になるかは謎です。

 

下着
日本帰る度に新しいものを何ペアか新調します!
海外にもビクトリアシークレットや、ラ・センザなどの下着メーカーは多くあるのですが、サイズ表も違いますし、なんかフィット感が違うんですよね。
日本のもののほうが型やワイヤーなどもしっかりしていてしっくりくる感じがします。
*プラスで持ってくるとよいのがブラジャーを洗うネット;カナダの都市によってはダイソーがあるので、そういう都市に渡航する場合には持っていかなくてもいいですが、
スーツケースに余裕があるのであれば洗濯ネット、下着専用ネットを持ってくると便利です。

歯ブラシ
何度かブログに話題を出していますが、
カナダで購入する歯ブラシは「でかい!!!」日本人の小さな顎に生えた歯を磨くには大きすぎて隅々までブラシが届かず虫歯の原因に!
私は最初渡航したばかりの時はカナダの子供用のを使っていました。
でも日本の歯ブラシは安くて硬さも選べるし、特殊はぶらしもあるので、
絶対に帰国したら数本まとめて購入していきます。

日焼け止め
紫外線が日本の7倍ともいわれるカナダ。
日焼けは女性にとってお肌の大敵です!
カナダにも日焼け止めはたくさん種類があるのですが、
日本のように塗ったらさらっとなじむ、透明で水のようにサラリとしたものはまだ無いと思います。
(そのように書いてある製品はあるのですが、やっぱり塗ってみると日本のに負ける…)
スプレータイプのものも塗るとベットべとになりますからね。苦笑
日本のは数百円でも結構すぐれている日焼け止めが多いので、
こちらも特に夏期シーズンに渡航の方はスーツケースに2つぐらい入れていってもいいでしょう。

生理用品(ナプキンおりものシートなど)
こちらの製品もカナダでカナダ製品の購入が可能!
ただし、少量の日用でも日本の量が多い日用ぐらいの大きさあります。笑
がさばる癖に蒸れます。
日本のものは最近のはかなりの小ぶりでコンパクトになっていて、
薄くても良く吸う、などクオリティーが良いです~。
なのでこちらもスーツケースのクッションがわりに購入して隙間にぎゅっとつめます。
軽いですし、つぶしてもOKなものですからね。

化粧水
私は肌が弱いので、自分の肌に合っているものをいつも購入して帰ります。
でも海外製品を使っている方、日本製品でも資生堂を使っている方に関しては、
現地での購入が可能なものもありますので事前に下調べしてから購入してもいいのかもしれません。

ただ、その他化粧品に関しては、私がほとんど化粧しないので、お答えできません。
しいて私が買っていくものといえば日本のドラックストアで1000円以下で購入できるリキッドアイライナーぐらいですね。笑
とても楽で書きやすいし、落ちにくいのでいつも2,3本買っていきます。

おしゃれ着専用手洗い洗剤
下着も含めデリケートな素材で洗濯機でガシガシ洗えない。
でもクリーニングに出すのは高い(カナダだと)。というものは、
手洗い洗剤があると便利です。
家のシンクなどで簡単にあらってしまいましょう。


私は足の幅は普通の人より広く、
偏平足、そして内反小趾の持ち主です。
カナダで買う靴は柔らかい素材のもの以外はすべてきつくて合いません。泣
私が思うに、カナダの人は足の横幅が狭くて縦に長いイメージ。
日本人はカナダの人に比べて横に広がってると思います。
日本だと安い靴やさんでも靴の土踏まずがしっかりついていて、
3Eとか4Eとかサイズがあって、かわいい種類も結構ありますよね!

特にバンクーバーは非常に歩く機会が増えるので靴選びは自分に合ったものを選ぶのが重要になります!
なので私は安い靴やで2500円(やすっ)ぐらいのパンプスを購入しました。笑
夏のサンダルも。。(こちらも3000円ぐらい。←またまたやすっ)

常備薬
チョコラBBや正露丸糖衣A、その他のビタミン剤
イソジンなど。

あると便利常備薬やビタミン剤は余裕があれば購入していきます。
痛み止めなどもよく聞くものがあればもっていってもいいでしょう。
ちなみに私は飲む機会が多いのでヘパリーゼやウコンの力はいつも購入していきます。こういう気の利いた感じの薬、カナダにはない気がします。笑

 

結構サイズ感が関係するもの(下着や靴など)で、
いつも特定のものを購入しなければならない方は日本からあらかじめ用意しておいたほうがいいのかもしれませんね。
一般洋服であればカナダでほとんど手に入りますが、
パンツに関しては、ほとんどの場合すそ切りをする必要があるので、
まあこちらもお気に入りのもの(例えばインターンするのにフォーマルパンツが必要)とかであれば持ってきてもいいのかもしれないです。

少しでも女性の皆さんの参考になれば幸いです♪

 

こちらの記事もオススメです!

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP