お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

カナダワーキングホリデープログラム申し込み状況

2006年12月8日現在、
ワーキングホリデープログラム申し込み状況は定員枠の約59%に達しました。
1週間で10%ずつ増えていっているようです。

ワーホリ(Working Holiday)ご希望の方で学校に通われる予定の方は以下のことにご注意下さい。

語学コースに限らず、どんなコースでも
6ヶ月以内に完了するコースであれば、
就学許可証なしで勉強することができます。

ただし、コース自体が6ヶ月を越える長期コースのときは、
たとえそのコースの一部を6ヶ月を超えない範囲で受講する場合でも、
就学許可証が必要となります。
つまり、ワーキングホリデー(Working Holiday)の就労許可証では、
たとえ受講期間が6ヶ月までであっても、
コース自体が6ヶ月を越える長期コースは受講できません。

また、ワーキングホリデー(Working Holiday)の後、続けてカナダで就学したい場合は、
ワーキングホリデー(Working Holiday)の就労許可証が有効な期限内に限り、
カナダ国内で就学許可証を申請することができます。
『カナダ/日本ワーキングホリデー・プログラム-Q&A(よく聞かれる質問とその答え)より抜粋』

またワーキングホリデー(Working Holiday)でのカナダ滞在期間中に日本へ一時帰国し、
再度ワーキングホリデー(Working Holiday)を続けるためにカナダへ入国する場合は、
日本への帰国だけでなく、外国旅行のため・
一時的にカナダを出国することに関してはいずれの場合も
パスポート及び、ワーキングホリデー就労許可証の有効期限内であれば滞在が可能です。

詳細は下記のカナダ商工会議所HP、
『Q&A(よく聞かれる質問とその答え)』をご参照下さい。
http://www.canadanet.or.jp/p_c/whp_qa.shtml

もちろん弊社では皆様からお問い合わせに
迅速にご回答させていただいておりますので、
ご遠慮なさらずにどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

こちらの記事もオススメです!

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP