お知らせ・ブログNews&Blog

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

バンフ♪

バンクーバーオフィスのタケシです。

最近生徒達がバンフに移動したり、移動しようか迷っていたりで
オフィスに相談に来る方々がいたので、
昔バンフに住んでいたこと事があるので少しバンフについて書きます。

バンフはロッキーマウンテンのバンフ国立公園の中にある小さな街です。
小さな街ですが世界中から多くの観光客が訪れるので活気があります。

バンクーバーからはグレイハウンド(長距離バス)で
13ー16時間かかります。
飛行機でカルガリーまで行きグレイハウンドに乗り換えて行く方法もあります。
お金はかかりますが………

都会暮らしに慣れてる方はバンフのバス停を降りたとき唖然とすると思います。
というのも何もないからです。
実際私は降りるバス停を間違ったと思い周りにいる外人の観光客に
「ここバンフじゃないよね?」と聞いた事を憶えています。
59530572_banffstationalbertaapril2005.jpg
そこから少し歩くとダウンタウンに着きます。
ダウンタウンと言っても実質主要な所だけ見れば直線で300Mくらいで
バンクーバーにあるグランヴィルアイランドよりも小さいのでは!?
と思うくらい小さいです。
「あれっもうダウンタウン終わり!」見たいな感じです。
しかし、生活に必要な物は十分に揃ってて大きなスーパー2件、日本食材店、酒屋
スポーツ用品店、電気屋、欧米料理、日本食、韓国料理、タイ料理等など色々な国のレストラン、
マクドナルド、クラブ、GAP,Lulu lemon,後はなんとルイヴィトンのお店も在ります。
先ほど小さな街だと言いましたが、よく言えば、無駄を取り除いたコンパクトな街です。
あと国立公園の中なので環境の事を考えてるんだと思います。
348103801uztntc_fs.jpglooking-down-banff-avenue.jpg2666398577_d438d48eeb.jpg

少し生活用品物価は高めですが、アルバータ州は消費税も安く、賃金もバンクーバよりも高く、
特に気になりませんでした。
観光客が大勢訪れるためバンフ内は他の田舎町に比べれば景気が良いのか
仕事が簡単に見つかります。
また世界中からの観光客、動労者、カナダの田舎の若者が出稼ぎに来るため、
自分と同じ状況の方が多く、街が小さいので仲良くなりやすいです。

移動を考えてる方へのアドバイスは、「まあなんとかなるぜータイプ」、「ガッツがある方」は
何も決めずに行くといいでしょう。バンフなら何とかなります。
少し不安な方は、バンフ行く前には住む場所は決めた方が良いと思います。
その方法ですが、これからの時期はクラシファイド(色々なウェブサイトの求人掲示板)で
ホテルのハウスキーパー、ガイド、レストランの求人が出ます。
履歴書を送り→電話面接を受ける→そして採用。
バンフの会社はほとんどの所がアコモデーション(寮)を持っています。
なので仕事と同時に家も見つかります。
しかも寮は格安です。そして友達も作りやすい→色々な生活情報を得る事ができます。
その後、生活に慣れれば寮を出るのもよし、仕事を変えるのもよしといった感じです。
英語があまりできなくても、バンフのレストランは受け入れてくれやすいので
外人環境での仕事も人によってはすぐ見つかります。
私はパブで白人の若い人達と働いていたのですが、日本人は私だけでした。
みんな音楽をガンガンに鳴らして、踊りながら、つまみ食い、
たまにはお酒を飲みながら働いていました。
日本ならありえないですよね…….
そんなイージーゴーイングな感じ、さすがカナダ!と思いました。
banff_canada5.jpg

バンフはすごくお勧めの街です!
住むのはちょっとと言う方も、ぜひロッキーマウンテンの絶景を見てください。
圧巻です!!

こちらの記事もオススメです!

keyboard_arrow_left記事一覧へ戻る

月別アーカイブ

カテゴリ

タグ

各種サンプルプランやその他のご相談・料金お見積など、まずはお気軽にお問合せください

無料相談・資料請求
airplanemode_activePAGE TOP