カナダでの仕事探し


ワーキングホリデービザをお持ちの方は、カナダで仕事に就くことができます。
East-West現地オフィスでは、仕事探しのアドバイス、履歴書の書き方、面接時の注意点など、仕事探しのお手伝いをいたします!


カナダで就ける仕事

以下、カナダで就ける一般的な職種をご紹介します。
就ける職種や仕事内容は英語力や経験によって変わってきますし、下に挙げた職種以外で働いているワーキングホリデーの方も多くいらっしゃいます。 日本とは違った環境での仕事探しや実際に仕事をすることは、皆さんにとって大変貴重な経験となるでしょう。

サーバー(Server) レストラン等で注文を受け、料理をテーブルに運ぶ
バスパーソン(Busser) レストランでサーバーのヘルプ役
キッチンスタッフ(Cook, Kitchen helper) 料理人、又は調理補助
ディッシュウォッシャー(Dishwasher) 皿洗い
バリスタ(Barista) カフェ等でコーヒーなどを作る
キャッシャー(Cashier) レジで会計
クラーク(Clerk, Salesperson) 小売店での販売員
ヘアスタイリスト(Hair stylist) ヘアサロンで美容師
ツアーガイド(Tour guide) 主に日本人観光客向けに観光地を案内
カウンセラー(Counselor) 旅行会社でツアーの販売・学校カウンセラー
レセプショニスト(Receptionist) 一般企業での受付
トランスレーター(Translator) 日系会社などでの翻訳・通訳業務
メカニック(Mechanic) 車の修理作業
ガーデナー(Gardener) 庭の手入れ
▲ページ上部へ

仕事探しの方法

  • インターネット

    以前に比べると、やはりインターネットによる情報収集が主流と言えます。インターネット上の掲示板などで募集しているお店・企業が多くなってきました。
    随時新しい情報が投稿・更新されるので、常にある程度まとまった情報を手に入れることができます。ただ、インターネットの情報は誰でも投稿できるケースが多いので、しっかりと調べることが大事です。

  • 新聞・情報誌

    日本と同じように新聞や情報誌には求人広告が掲載されています。また日本人向けの情報誌には定期的に求人情報が載っているので小まめにチェックしてみましょう。

  • お店に直接出向く

    この方法は少し勇気がいりますが、自分で働きたいと思う職場に対しては熱意も伝わるので、意外と効果があります。募集の張り紙がなくても思い切って飛び込んでみましょう。慣れてくると従業員への接し方、誰に渡せば仕事に繋がりそうかなど、色々見えてきて仕事探しが楽しくなってくるかもしれません。

  • 友人・知人からの紹介

    カナダではコネクション、人と人との繋がりを重要視する傾向があります。誰かから紹介されるという事は、紹介されるだけの信頼や保証がその人にあると見られるからです。普段から仕事を探していることを周囲にアピールしておきましょう。思いがけない所から仕事の話が舞い込んでくるかもしれません。

▲ページ上部へ

仕事探しに必要なもの

  • 履歴書(レジュメ)

    履歴書は応募先へ「自分らしさ」をアピールするためのパンフレットのようなもので、英語ではResume(レジュメ)と呼ばれています。
    カナダで働く予定のある方は事前に準備しておくとよいでしょう。英文履歴書には、日本の履歴書のように決まったフォームはありません。
    また、生年月日や性別、家族構成についてなどの個人情報は控え、これまでの経験やスキルについて記入します。下の履歴書はサンプルなので、応募する職種やこれまでの経験・スキルに合わせて自分らしい履歴書を作成しましょう。(青文字は補足説明です)

    履歴書
  • カバーレター

    履歴書が自己紹介・職歴を示すものだとしたら、カバーレターは雇用主に情熱を伝えるツールです。あなたが志望する会社にどれだけ興味があって、今までのスキルを活かし貢献できるかを文章で表現します。

  • リファレンスレター

    北米では選考の一環として、リファレンスに載せられている推薦者に連絡を取り、あなたが事実を話しているか、また前の職場での態度はどうだったかなど、第三者からの視点や意見を加味することがあります。アルバイト探しでは必要ないかもしれませんが、万が一の時に備え、友達、知り合い、学校の先生などにお願いしておくといいかもしれません。

▲ページ上部へ