ご出発前の準備


カナダへの出発日が決まったら具体的な準備に取り掛かりましょう! 渡航日直前になって慌てないように少しずつでも進めていく事をお勧めします。


お金の準備

カナダ滞在費用はどのような生活をするかによって大きく異なりますが、カナダ移民局では一年間のカナダ滞在に学費以外で$10,000準備することを提唱しています。ご自身の滞在期間やプランに合った方法で持ち込まれるのがいいでしょう。
留学・ワーキングホリデーにかかる大まかな費用を一般的なプランを基にQ&Aにてご案内しております。
留学・ワーキングホリデーの費用はどれぐらいかかりますか?

現金
日本の銀行で、日本円をカナダドルに換金することができます。多額の現金持ち歩きは極力避けたいので、当面の生活に必要な分だけ用意されるといいでしょう。
クレジットカード
クレジットカードは買い物に便利なのはもちろんのこと、カナダでは、身分証明書としてクレジットカードの番号を求められたり、車や自転車、スノーボードなどをレンタルする時にもデポジット(保証金)として提示を求められたりします。
買い物以外でも利用頻度が高いものなので、一枚は持っておくといいでしょう。
*カナダで最もよく使われているクレジットカードはVisaかMaster Card、或いはアメリカンエキスプレスになります。JCBは殆ど使えませんのでご注意ください。
国際キャッシュカード
日本の銀行口座にあるお金を海外のATM機から現地通貨で引き出すことができます。日本の口座をそのまま利用できるので、お金を現地の銀行口座に移動する必要がありません。
レートが利用時の為替に左右される、カードによっては利用毎に手数料がかかる、一度の利用限度額があるため多額が必要なときに一度に引き出せないなどのデメリットもあります。
海外送金
カナダで銀行口座を開設した後に、日本から資金を送金することができます。多額を短時間で一気に移動させることができ、非常に安全性の高いお金の移動方法です。
▲ページ上部へ

海外旅行傷害保険

カナダの医療費は大変高額です。万が一の病気や怪我に備え、保険には必ず加入しましょう。

海外旅行傷害保険
現地での医療費をカバーするものや携行品の盗難や紛失に備えるものまでさまざまな海外旅行傷害保険があります。目的に合った保険に加入しましょう。
日本で加入できる海外旅行傷害保険としてEast-Westの提携代理店:仙台保険センター株式会社(エース損害保険(株)・三井住友海上火災保険(株)代理店)をご紹介しています。資料をご希望の方は海外旅行傷害保険 資料請求フォームよりお気軽にご請求下さい。
国民健康保険
海外での受診でも国民健康保険が適用されます。
※日本に住所を有することが条件で、海外への転出届を提出した場合は対象となりません。
主な対象者
  • 自営業者
  • 留学生
  • 観光旅行者
  • 比較的短期の滞在者 等
海外医療費の支給申請手続きの流れ
  • 受診した海外の医療機関で、一旦かかった金額の全額を支払う。
  • 医療機関から治療内容やかかった費用の証明書(診断証明書、医療費支給申請書など)をもらう。
  • 帰国後、国民健康保険に加入している市町村窓口へ申請する。
  • 市町村より保険給付分を払い戻される。
※払い戻される金額は、通常の保険診療の範囲内となるので注意が必要です。また診断証明書などの書類は日本語訳が必要となります。
詳しくは各市町村の窓口へお尋ね下さい。
必要に応じて海外旅行傷害保険などにも加入しましょう。
カナダ現地で保険に加入する
日本で加入した保険期限が切れる前に、現地で保険に加入することが可能です。
ビジター保険や国際学生保険など様々なプランを扱う、East-Westの提携代理店:ブリッジス・インターナショナル保険事務所をご紹介しています。日本人スタッフがいるので安心です。
・バンクーバーへ渡航される方、現在滞在されている方はこちら
・トロントへ渡航される方、現在滞在されている方はこちら
▲ページ上部へ

荷造り

主要航空会社の無料手荷物許容量
各航空会社で飛行機に預けられる荷物の重さが決まっているので、荷造り前に必ず確認しましょう。
制限品目や機内持ち込み手荷物の詳細につきましては、必ず事前に航空会社へご確認ください。

日用品はカナダで何でも手に入れることができます。移動が楽なように荷物はなるべく最小限にまとめましょう。いくつもの季節をまたぐ長期留学の場合は、あとから来る季節の衣類などを別送することもできます。
カナダの入国審査に必要な書類や飛行機の中で必要なものは必ず手荷物の中に入れましょう。
航空会社 個数 3辺(縦・横・高さ)の長さの合計 重量
日本航空 (JAL) 2個 1個につき203cm, 2個の合計が273cm 1個23kg
全日本空輸 (ANA) 2個 1個につき158cm 1個23kg
エア・カナダ (Air Canada) 2個 1個につき158cm 1個23kg
ユナイテッド航空 (United Airlines) 2個 1個につき157cm 1個23kg
デルタ航空 (Delta Airlines) 2個 1個につき157cm 1個23kg
中華航空 (China Airlines) 2個 1個につき158cm, 2個の合計が273cm 1個23kg
中国国際航空 (Air China) 2個 1個につき158cm, 2個の合計が273cm 1個23kg
エバー航空 (Eva Air) 2個 1個につき158cm, 2個の合計が273cm 1個23kg
大韓航空 (Korean Airlines) 2個 1個につき158cm 1個23kg
キャセイパシフィック航空 (Cathay Pacific Airlines) 2個 1個につき158cm 1個23kg

(2016年1月現在)

持ち物チェックリスト

必要書類など
パスポート パスポートなしでは出発できません
航空券 リコンファーム(予約再確認)が必要な航空券もあります。
クレジットカード Visa,MasterCardなど一枚あると便利です。
現金 出発前に当面必要な分のみ用意しましょう。
ビザの通知書 学生ビザやワーキングホリデービザなど、ビザの発給に必要です。パスポートなどと一緒に大切に保管しましょう。
入学許可書のコピー 入国審査に必要なので、機内持ち込み手荷物に入れておきましょう。
国際運転免許証 カナダで運転する予定がある場合は用意しましょう。
海外旅行傷害保険証 保険には必ず加入しましょう。
証明写真 何枚か持参するとよいでしょう。
滞在先住所
(ホームステイ情報)
カナダでの滞在・連絡先が分かるように手荷物に入れておきましょう。
衣料品
衣類 着慣れているものを持参しましょう。
履きなれた歩きやすいものがよいでしょう。
下着 現地のものではサイズが合わないかもしれません。
カナダでは、洗濯は週に1回が一般的ですので、下着など毎日必要なものはその分お持ちになられることをお勧めいたします。
水着 あると便利でしょう。
日用品
メガネ 日頃から使い慣れたものを持参するとよいでしょう。
コンタクトレンズ 普段使っているものを持参しましょう。
洗面用具 現地で調達可能なので最初の数日分を用意するとよいでしょう。
化粧品 現地でも調達可能ですが、肌にあったものがあれば持参しましょう。
飲みなれている薬を持参しましょう。
折り畳み傘を持ってくるとよいでしょう。
サングラス 日本より日差しが強いのであると便利です。
日焼け止め 重ね塗りできる肌にあうものを選びましょう。
電化製品
電子辞書 サッと単語を調べたりするのにとても便利です。
時計 目覚まし時計はあったほうがよいでしょう。
カメラ 思い出作りにあると便利です。
ドライヤー カナダ現地でも調達可能です。
パソコン 弊社オフィスで日本語対応インターネットをご利用いただけます。
書籍・文房具
辞書 使い慣れているものを持参しましょう。
英語文法書 一冊あると便利です。
ガイドブック 一冊あると便利です。
小説・文庫本 時間がある時にあるとよいでしょう。
大きな図書館では日本の書籍も貸し出ししています。
アドレス帳 友達の住所や連絡先は忘れずに。
ノート 英語学習には必須です。
筆記用具 使い慣れているものを持参しましょう。
家族や友達の写真 ホストファミリーや友達に自己紹介をしましょう。
▲ページ上部へ